顔周りをスッキリさせる施術はたくさんありますが、その中でも確実に脂肪を減らすことができるのが脂肪吸引。

でも、場所が場所なだけに人目に付くので、術後の腫れが気になりますよね?

お腹や太ももなら服で隠せますが、顔はそういう訳にはいきません。

 

顔の脂肪吸引後のアフターケアはとても重要で、するかしないかで痛みや腫れ具合が大きく違ってきます。

クリニックで指導を受けた「術後の注意」を守るのは当然のことですが、それに加えて腫れを少なくするポイントをお話しましょう。
 

スポンサーリンク

 

脂肪吸引の種類で腫れは変わらない

脂肪吸引と言っても、種類は一つではなく複数あるので注意してください。

 

シリンジ法 古くから用いられている方法で、吸引器を使わず全て手作業で脂肪を吸引していきます。

体への負担も少なく、吸引量を細かく調整出来ることがメリット

高度なテクニックが必要なので、症例数が多く経験豊富なドクターに任せましょう。

ボディジェット法  皮下脂肪に注入したカニューレから、麻酔薬や生理食塩水を含んだジェット水流を噴霧して脂肪細胞を血管や神経から引き離す方法

分離してからカニューレで吸引するので、周りの組織が傷つきにくいことがメリットです。

ベイザー法  ベイザー波と言われる脂肪細胞にしか反応しない超音波を当てて、液体状に溶かしてからカニューレで吸引する施術。
クリス クロス法  通常1ヶ所からカニューレを挿入しますが、数カ所目立たない場所を切開して複数のカニューレをクロスさせるように動かして脂肪を吸引する方法です。

複数のカニューレからまんべんなく脂肪を吸引できるので、皮膚表面の凸凹を減らすことができる。

 

このように脂肪吸引には様々な種類があり、クリニックによっては「ベイザー法はダウンタイムが軽い」や「シリンジ法は痛みや腫れがほとんど無い」など言われていますが、実は施術方法によって腫れの大きさはほとんど変わりません

施術方法よりも大切なのは、術後のアフターケアです。

このアフターケアをしっかりしていれば、ベイザー法でもボディジェット法でも術後の腫れに大きな差は出ません。

また、施術を行う医師の技量も大きく関わりますので、症例数の多いクリニック・経験豊富な医師に手術してもらうようにしましょう。

 

脂肪吸引での顔の腫れを防ぐために術後に出来ること

脂肪吸引の術後、正しいケアをしないと腫れが酷くなったり長引くことがあります。

クリニックでも術後のケアの指導はしてくれますが、これから受けようと考えているなら周りから目立つ顔の腫れ具合は気になるところ。

 

しっかりとポイントを抑えて、できる限り腫れを最小限に留めましょう。

 

手術直後から圧迫をする

顔の脂肪吸引をした直後から、フェイスバンドという専用の器具で圧迫する必要があります。

出典:Shibuya Takano Beauty Clinic

 

こういったフェイスバンドを手術直後に装着して帰宅しなければならないので、人の目が気になるでしょう。

つばの広い帽子・マスク・マフラー・ストールなどのアイテムを用意しておくことをお勧めします。

 

 

フェイスバンドで圧迫する理由

  • 施術した部位は内出血を起こしている状態なので、圧迫することで内出血を広げないようにする
  • 手術後は注入した麻酔薬やリンパ液が集まりやすくなっており、血液の流れを妨げずスムーズに水分の排出を行う為
  • 脂肪を吸引したことで皮下は穴が空いた状態になり痛みが出るが、固定すると皮膚の動きを最小限に留めるので和らぐ
  • 術後のフェイスラインをキレイに整える

 

手術当日~2日目

出来れば常に装着していることが望ましいですが、それが無理でも術後24時間は外さないようにしましょう。

 

3日目以降~

日中は外しても構いませんが、家に居るときや寝ている間は必ず圧迫をしてください。

 

固定力の弱いフェイスバンドは就寝時に外れてしまう可能性があるので、2ヶ所以上で固定できるものがオススメ

キレイなフェイスラインを作るために、術後3ヶ月まで装着を指導しているクリニックもあります。

腫れ自体は1週間ほどで引いてきますが、できる限り長くフェイスバンドで圧迫しましょう。

 

長時間お風呂に入らない

お風呂に長く入ると体温が上がり血行が良くなるので、腫れが出やすくなってしまいます。

特に注意すべきは術後の3日間。

湯船に浸かって体が温まらないように、約1週間後の抜糸まではサッとシャワーだけで済ませるようにしておきましょう。

 

3日も経てばはカニューレを挿入した傷口部分はふさがってきます。

傷口を軽く石けんで洗っても大丈夫ですが、ゴシゴシと強く擦ることは止めてくださいね。

 

顔を高い位置にして寝る

脂肪吸引が終わってホッとするのは分かりますが、すぐに横になって寝てしまうと腫れが酷くなることも

術後寝るときは、心臓よりも頭の位置が高くなるように気を付けましょう。

 

これは心臓と頭が同じ高さになると、老廃物を運ぶ役割のリンパ液や血液が顔に溜まりやすくなるので、むくみの原因に

低い枕しか持っていないという方は、わざわざ新調しなくてもタオルバスタオルで高さを調整出来ますよ。

 

術後1週間は飲酒をしない

飲酒も血液循環が良くなるので、腫れが酷くなります。

術後1週間は、飲み会などの予定を入れないようにスケジュールを立てましょう。
 

スポンサーリンク

 

脂肪吸引後は最低でも3日間は仕事を休んだ方がいい

脂肪吸引をした直後から、フェイスバンドで圧迫をしなければいけません。

術後2~3日間の圧迫は1日中することが望ましいので、最低でも仕事は3日間休んだ方が良いでしょう

外出するために早くからフェイスバンドを外してしまうと、腫れが酷くなり長引くこともあります。

 

手術を考えているなら、連休や有給を上手く利用して顔の脂肪吸引をしてくださいね。

 

まとめ

 

・様々な施術方法がある脂肪吸引は、どの方法で手術をしても腫れの大きさは変わらない

・脂肪吸引後に一番大切なことは、フェイスバンドによる圧迫

・お風呂や飲酒など血行が良くなることは止めておきましょう

・寝るときは心臓よりも頭を高くする

・最低3日間は仕事や予定を入れないようにしましょう

 

どんな施術方法で行っても、脂肪吸引後の腫れの大きさに大差はありません。

術後は必ず圧迫を行い、血行の良くなるような激しい運動も控えてくださいね。

 

スポンサーリンク