クリニックでレーザー脱毛を受けてから効果が出るまで、どのくらいの期間がかかるのか気になりませんか?

効果が現れないと「この脱毛は失敗なんじゃないの?」と心配になるでしょう。

 

実は、脱毛中にやってしまいがちなことが原因で効果が出にくいこともあり、対処法が分かれば解決できます。

脱毛後に思ったほど効果が出ないという方は、一度試してみる価値がありますよ。
 

スポンサーリンク

 

レーザー脱毛は光脱毛よりも効果的

レーザー脱毛と光脱毛の違いをご存知でしょうか?

医療機関であるクリニックなどで扱っているのがレーザー脱毛で、サロンやエステで行われるのが光脱毛です。

 

医師が在籍しているクリニックでは、脱毛機器でレーザー照射する際の出力が高いので、体毛に作用する力も強く脱毛効果が高まります。

逆にサロンで使用されている脱毛機器の照射レベルは弱く、その分脱毛効果も低くなり何度も通わなければ効果が望めないでしょう。

レーザー脱毛 光脱毛
照射レベル 高い 低い
医師在籍 ×
施術時の痛み 強い 弱い
麻酔 使用可能 使用不可

また、レーザー脱毛は医療行為として認められており、何かあれば医師が対処してくれる点も安心できますね。

効果が高いだけに光脱毛よりも痛みが強くなりますが、レーザー脱毛できるクリニックでは麻酔を打ってから施術することも可能なので、痛みが心配な方はカウンセリングで相談してみるといいですよ。

 

レーザー脱毛の効果が出るのは箇所によって異なる

一般的にレーザー脱毛をしてから効果が出るのは2~3週間ほどで、脱毛した箇所の体毛がパラパラと抜け始めます。

しかし、体毛の濃さ・太さ・脱毛した箇所の毛周期の違いなどによっても効果の出方が違ってくるのです。

 

普通の毛が生えている箇所は効果が出やすい

通常レーザー脱毛で照射するレーザーは、メラニン色素を含んだ黒色に反応するようになっており、そのエネルギーによって毛乳頭と呼ばれる毛の生える元を破壊して毛が抜ける仕組みになっています。

出典:気になる医学

普通の黒い毛が生えている箇所は、メラニンに反応することで脱毛効果が期待できるでしょう。

しかし、産毛は色素が薄く反応しにいため照射レベルを上げて施術を行うことで対応しています。

 

太くて硬い毛が生えている箇所は効果が出にくい

黒い毛にレーザーが反応するのですから、太くて硬い毛にも反応するはずですよね?

もちろんある程度の剛毛には通常の黒い毛と同じく効果があるのですが、あまりに太くて毛根が深いところにある場合はレーザーが届かず効果が出ない場合があります。

回数を重ねる毎に細くなっていきますので、コースなら後半の施術で脱毛効果が実感できるでしょう。

 

通常のレーザー脱毛では肌の表面近くにレーザーが照射されますが、YAGレーザーと呼ばれる脱毛機器はレーザーの波長が長いので、毛が太く深いところにある毛根に効果を発揮します。

しかし、どこでもYAGレーザーの取り扱いがあるわけではなく、限られたクリニックのみでしか施術ができません。

リゼクリニックでは「ジェントルYAG」を導入しているので、太くて硬い毛が脱毛できるのか心配な方は一度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。
 

スポンサーリンク

 

レーザー脱毛の効果がでない場合に考えられる原因

せっかく脱毛を受けたのに、思っていたよりも効果が現れないことがあります。

高いお金を払ったのに、効果が出ないと嫌になってしまいますよね。

その理由はいくつかあるので、自分に当てはまるものがないか確かめてみてください。

 

回数や期間が短い

レーザー脱毛では1回の施術だけでは効果が出ないので、2~3ヶ月の間隔を空けて数回通わなければいけません。

クリニックでは、3回・5回・8回など様々なコースが用意されていますが、自分に合った施術回数を選択しないとコースが終了してもまだ脱毛が完了していない場合もあります。

人によって毛量や毛質は違うので、5回で終了する方もいれば8回でも毛が生えてきてしまう方もいるのです。

 

コース終了後にまだ脱毛が完了していないと感じた場合は、追加料金を払えば通常の1回料金よりもお得に脱毛することができるのでもう少し頑張ってみてはどうでしょうか。

 

照射の際にミスがある

レーザーを照射する際にミスをすることで、脱毛の効果が得られない場合があります。

 

①照射レベルが弱い

照射の出力が弱いので毛根にダメージを与えることができず、脱毛をした部分の全ての毛が2~3週間経っても抜けてこない状態です。

次の脱毛も同じ照射レベルで行うと効果がないので、出力を上げてもらわなければいけません。

 

②照射漏れ

部位と部位の境目などに起こりやすく、毛が一部分だけまとまって抜け残る場合は照射漏れを疑った方が良いでしょう。

これは施術者がレーザーを照射し忘れたことによる人為的なミスになるので、早めにクリニックに連絡をすると再施術を行ってくれます。

脱毛後、新しい毛が生えてくると照射漏れかの判断ができないため、分かるように照射漏れ部分の写真を撮っておくといいかもしれません。

 

湘南美容外科・・・2週間以内の来院で、照射漏れの判定が出れば無料で再照射可能

リゼクリニック・・・4週間以内であれば優先的に予約を取ってくれ、無料で追加照射してくれる

 

施術によって硬毛化する

レーザー脱毛すると通常は毛が細くなっていくのですが、稀に毛が濃く硬くなっていく現象が起こります。

全体の10%以下と極わずかなのですが、放っておいても元に戻ることはありません。

 

背中や二の腕といった毛の薄い産毛に起こるリスクが高く、原因は黒い毛に反応するレーザーが産毛には対して弱い熱しか与えられないことです。

温まる程度の熱が刺激になり、毛の成長を促すと言われています。

 

脱毛を続ければ段々と薄くなり硬毛化も減っていくのですが、脱毛コースが終了してしまっては諦めるか追加で施術を受けなければいけません。

しかし、中には硬毛化に対する保証制度を設けているクリニックもあります。

リゼクリニックでは脱毛コース終了後も、硬毛化した部位が脱毛できなかった場合は、最大で1年間無料で再施術してくれるので安心して施術が受けられますね。

 

毛周期が乱れている

体毛は成長期→退行期→休止期の毛周期というものがあり、レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果が出ません。

だから、脱毛をする上で毛周期はとても重要になっており、毛周期が乱れてしまう毛抜きは絶対にNGです。

 

黒い毛にしかレーザーが反応しないので、生えてきた毛を抜いてしまうと脱毛しても効果がなくなります。

知らずに毛抜きをしてしまったら一度生え揃わせる必要があり、時間がかかってしまうので気を付けましょう。

脱毛中は肌が敏感になっているので、カミソリよりシェーバーで剃るのがオススメですよ。

 

乾燥肌である

肌が乾燥していると、クリニックでは脱毛器の照射レベルを低くして脱毛することになります。

そうすると脱毛の効果が十分に感じられなくなるので、肌を保湿することが大切です。

 

また、体毛は肌を守ろうとして生えているので、乾燥肌の場合はさらに毛が生えやすい状態になってしまうので、脱毛前・脱毛後は保湿を心がけましょう。

 

日焼けをしている

乾燥と同じく日焼けした肌への脱毛は、脱毛器の出力を低くして照射することになります。

これは、通常の照射レベルで行うと、黒くなった肌にレーザーが反応して火傷を起こしてしまう可能性があるからです。

 

酷い日焼けの場合は脱毛そのものを断られることもあるので、脱毛完了までの時間が余計に掛かってしまうことになりかねません。

脱毛中は日焼け対策を行い、冬でもスキー焼けなどしないように気を付けましょう。

 

まとめ

 

・脱毛の効果が高いのはレーザー脱毛

・通常の黒い毛は脱毛の効果が高いが、産毛や太くて硬い毛は効果が現れにくい

・照射ミスの場合は早めにクリニックに連絡する

・毛周期が乱れるので毛抜きはNG

・脱毛中の乾燥・日焼けはNG

 

脱毛中のケアをしっかりと行えば、レーザー脱毛の効果はより高くなります。

脱毛を考えている方も脱毛中の方も、注意点を守ってツルツルの肌を手に入れましょう。

 

スポンサーリンク