眠そうなキツイ印象を与えてしまいがちな腫れぼったい一重。

アイプチやアイテープを使っても、腫れぼったさのせいで上手く二重にならなくてイライラした経験はありませんか?

毎日メイクの度にアイプチをしていると、まぶたが炎症を起こしてたるんだり余計に腫れぼったくなることも。

 

そこで今回紹介するのは、思い切って二重整形をする方法です。

アイプチをするかのような感覚でできる埋没法から、しっかりと二重を作る全切開法まであるので自分のまぶたに合った方法を選択しましょう。

整形をすれば、毎日メイクで二重にする煩わしさから解放されますよ。

 

スポンサーリンク

 

腫れぼったい一重を整形する方法は3つ

まぶたに厚みがある腫れぼったい一重を二重にする整形の方法は、埋没法・部分切開法・全切開法と3種類あります。

どの施術にもメリット・デメリットがありますし、まぶたに合う方法を選択しないと二重が取れてしまうことも。

 

しっかりと医師と相談してから、施術方法を決定するようにしましょう。

 

メスを使わない埋没法

埋没法は、メスを使わずにまぶたを髪の毛よりも細い糸で固定する方法。

気軽にできるとの理由で、二重整形の中でも一番人気のある施術です。

 

埋没法にも大きく分けて2種類あり、まつげの生え際にある瞼板(けんばん)に糸を固定する瞼板法と、目を開くときに使う挙筋という筋肉に糸を留める挙筋法があります。

  

出典:金沢中央クリニック

挙筋法は、瞼板法に比べて糸が取れやすく、将来まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂になる恐れもあるので、瞼板法で行っているクリニックが多いです。

 

埋没法は、メスを使用しないので術後のダウンタイムが短いのが特徴

湘南美容外科のクイックコスメティーク法なら、腫れも少なく手術直後からメイクが可能なので週末などでも気軽に利用できますよ。

また、もし術後の二重のラインが気に入らないときは、元に戻すこともできます。

 

デメリットとしては、糸で固定するだけなので何年かすると糸が緩み一重に戻ってしまうことも。

術後の腫れを早く抑えたい場合や、気軽に二重整形を受けたい人におすすめの方法です。

 

オーソドックスな部分切開法

瞼の厚みが大きい場合は、埋没法では思い通りの二重にならないことや糸が取れてしまうといったことが起きてしまいます。

そんな方に支持されているのが、部分切開法

この施術は、埋没法よりもくっきりとした二重にすることができて、全切開法よりも切開線の傷跡が小さいので腫れなどを抑えられるオーソドックスな二重整形です。

 

二重のラインを10㎜前後切開して、脂肪を除去した後に切った皮膚を丁寧に縫合します。

術後は1週間ほど腫れるのと、メイクは1週間前後に行われる抜糸の後からになるので、外出時はサングラスなどで目立たないようにしましょう。

 

パッチリとした二重を作れる全切開法

平行型のくっきりとした二重にしたい場合は、全切開法がおすすめ。

出典:大津スキンケア

部分切開法と全切開法の大きな違いは、切開する線の長さです。

全切開法では、まぶたの端から端までを切開するので術後の腫れが強く出る傾向があります。

個人差はありますが1~2週間は強い腫れが続き、その後1ヶ月程度で落ち着いてくるでしょう。

 

しかし、部分切開法の施術に加えて余分な皮膚を切り取ることが出来るため、年齢を重ねて皮膚が垂れてきたとしてもきれいな二重が長持ちするのです。

まぶたがかなり厚い人は、部分切開法だと短い切開線の傷跡が目をつむった時に食いこんでしまい不自然になることも。

まぶたの厚みが大きい人、二重の幅を広くしたい方はこの全切開法が向いていると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

一重を整形する場合の料金相場

アイプチやアイテープを365日毎日するとして、この先何年も使い続けるとかなりの金額になると思いませんか?

手間も掛かるし、まぶたにとっても良いことはありません。

 

整形手術は一時的にお金が必要になりますが、二重が手に入ればこの先アイプチやアイテープを使う煩わしさから解放されます。

そこで気になるのが二重手術の料金です。

大手の美容外科を調べたので、埋没法・部分切開法・全切開法と詳しく見ていきましょう。

 

埋没法は5万円~20万円

埋没法にはたくさん種類があり、クリニックによっても独自の埋没法を確立しているので二重手術の中でも一番料金に幅があります

 

湘南美容外科 7,350円~299,560円
(クイックコスメティーク・ダブル)
品川美容外科 6,800円~387,590円
(1dayナチュラルクイック法)
高須クリニック 90,000円~170,000円
聖心美容クリニック 58,000円~185,000円
(マイクロメッソド+α 4点)
城本クリニック 60,000円~
共立美容外科 36,000円~162,000円
(共立式二重埋没P-PL挙筋法)
大塚美容形成外科 15,000円~250,000円
(フォーエバーブリリアント法)

※( )内はクリニックの中で一番高額な埋没法の施術名です。

 

1点留めが低価格でお得ですが、まぶたが厚い人は取れやすいです。

逆に、腫れにくくて取れにくい埋没法は料金が高く設定されています。

 

今回調べた中で一番高かった品川美容外科の「1dayナチュラルクイック法」は、戻りにくい・腫れにくい・痛みが少ないの3拍子揃った埋没法で5年間の保証付き。

値段だけで施術法を決定せずに、良く医師と相談してから決めるようにしましょう。

 

 

部分切開法は20万円~25万円

部分切開法の料金の相場は20万円~25万円前後で、全切開法と値段が一緒というクリニックもいくつかありました。

高須クリニック 250,000円
城本クリニック 200,000円
共立美容外科 270,000円
大塚美容形成外科 180,000円~400,000円
聖心美容クリニック 300,000円
(眼窩脂肪の除去は+80,000円)

 

多くのクリニックでは脂肪の除去も施術料金に含まれていましたが、聖心美容クリニックは別途料金が必要です。

 

大塚美容形成外科の「マイクロ切開法プレミアム」は、フォーエバーブリリアント法とマイクロ切開法を合わせた施術で400,000円と高額になります。

切開法と同様に取れにくいのに、ダウンタイムが短いといったメリットを合わせ持った施術方法です。

 

全切開法は20万円~30万円

全切開法の値段は、部分切開法と同料金か少し高めで20万円~30万円が相場です。

高須クリニック 250,000円
城本クリニック 250,000円
共立美容外科 324,000円~540,000円
(たるみの度合いによる)
大塚美容形成外科 310,000円~410,000円
聖心美容クリニック 300,000円
(眼窩脂肪の除去は+80,000円)
湘南美容外科 191,560円

 

共立美容外科では、たるみの程度によって料金が変わってくるのでカウンセリング時にしっかりと説明を受けましょう。

 

まとめ

  • 腫れぼったい一重は、埋没法・部分切開法・全切開法によって二重にできる
  • まぶたに脂肪が多い場合は、脂肪除去もできる部分切開法・切開法がおすすめ
  • ダウンタイムが気になる人は埋没法がおすすめ
  • 埋没法の料金は種類によって幅があるので、自分のまぶたに最適な施術方法を選ぼう
  • 切開法・部分切開法の料金はほぼ同額

 

腫れぼったい一重で悩んでいる方は、思い切って二重整形をしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

今の二重整形はたくさんの種類があるので、自分一人では決められないかもしれません。

また、埋没法を希望していたとしてもカウンセリングで医師から切開法を勧められることもあるでしょう。

手術前にしっかりとカウンセリングを行ってくれるクリニックを選んで、二重整形を受けるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク