二重整形手術と同時にすることも多い目頭切開は、ダウンタイムも短く人気の施術。

蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる、目頭を覆っている皮膚を切開するだけで垢抜けた印象になります。

 

腫れや痛みも少ないので術後は普段通りに過ごせますが、人前に出るのはさすがに勇気がいりますよね?

まして接客業など多くの人と関わる職業の方は、ジロジロと目元を見られていないか気になって仕事に集中できなくなるはず。

 

ダウンタイムが短いとは言え、目頭切開をしてから抜糸までの間は、できれば仕事や人と会う予定は避けるのがベストです。

それでも仕事は長く休めないという方は、周りに気付かれないようにする対処法も紹介するので参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

目頭切開のダウンタイムは約1週間

目頭切開法を行うと目と目の距離が近づくので、離れ目の方や目の幅を内側に大きく広げたい方に向いている施術。

方法としては、オーソドックスなZ法・より変化を望めるW法・傷跡が目立ちにくいとされるリドレープ法・少量の蒙古襞を取るのにおすすめな単純法など、複数あります。

Z法

  •  切開線が小さいので、腫れや赤みなどが早く引く
  • 傷跡が目頭のシワに隠れるので見えにくくなる

W法

  •  余分な皮膚を切除する為、Z法よりも傷跡が大きくなり腫れが出やすい

リドレープ法

  •  傷跡が長くなるが、目の下のシワと同化するので、目立たなくなる
  • 中には、傷跡が赤く盛り上がることも

単純法(三日月型)

  •  三日月型に皮膚を切り取り縫合するだけだが、あともどりしやすく傷跡が広がって目立ってしまう

 
多少の差はあるものの、どの方法もダウンタイムは1週間程度となるでしょう。

 

<腫れ>

大きな腫れは、5日程度で治まるでしょう。

 

<内出血>

術後2日ほどしてから現れますが、目頭切開では内出血が出ることは少ないです。

軽い場合は1週間、酷いと消えるまでに2週間ほどかかります。

 

<痛み>

術中の痛みは麻酔が効いているので、ほぼありません。

術後は軽い痛みが1~2日続きますが、我慢出来ないほどのものではないですし痛み止めで対処できます。

 

術後5日~1週間ほどで抜糸をするクリニックが多く、メイクは抜糸後に可能

目元以外の洗顔は術後からでもOKですが、水や泡が傷口にかからないようにしてくださいね。

 

抜糸までの約1週間は傷口を隠すメイクや洗顔ができないので、この間が目頭切開のダウンタイムと言えるでしょう。

 

 

ダウンタイム期間は仕事をしない方がいい理由

目頭切開の施術後は、腫れや赤みなどはあるものの身体は元気なので普段通りの生活をしても問題ありません。

血行が良くなるため激しい運動は控えた方が良いですが、翌日から仕事をすることは可能です。

 

しかし、人の目が気になる方や接客業・営業などのお仕事をしている人は、抜糸するまでの1週間は休んだ方が良いでしょう。

 

目頭から糸が出たままになる

切開した後は傷口を青や黒の糸で縫合するので、抜糸するまでの間は目頭から糸が出た状態に。

まだメイクでカバーすることも出来ないので、至近距離でみると分かってしまう可能性が高いです。

出典:よだ形成外科クリニック ブログ

 

オプションを利用すれば、透明の糸で縫合してくれるクリニックもあります。

 

【透明の糸で縫合  術後3日目の写真】

出典:サラ美容外科

 

上の写真の方は、埋没法やクマ取りなど他の施術も行っているので目元の腫れがありますが、目頭の糸がほとんど目立ちませんよね?

糸が気になる方は、一度カウンセリングで透明の糸を使用してくれるか相談してみましょう。

 

腫れや内出血の症状が強く出ることがある

目頭切開のダウンタイムは比較的軽いですが、腫れや内出血が出やすい体質の方もいます

皮膚を切除するW法や単純法では腫れなどの症状が出やすいので、仕事を休めない方は腫れにくい術式を選択しましょう。

 

また、どんな手術でも、絶対に感染症にかからないとは言い切れません。

感染症にかかると、腫れや痛みが酷くなるので注意が必要です。

目頭切開にも言えることなので、心配な方は抜糸までの間は人に会うのを避けて、仕事も休むようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

目頭切開後に長く仕事を休めない場合

できればダウンタイム時は仕事を休んだ方が良いのですが、どうしても休めない方も中にはいるでしょう。

そういった場合は、腫れや内出血をカモフラージュするとバレにくくなります

 

メイクメガネなどを利用して、抜糸までの間をやり過ごしましょう。

 

メガネをかける

メガネと言っても普段から掛けない人がすると、やっぱり違和感がありますよね。

目頭切開をしようと考えているなら、事前に黒縁のメガネを用意しておきましょう

 

縁があると、傷口が重なって目立たなくなります

また、黒い糸で縫合することが多いので色味もカモフラージュできるというメリットも。

この方法は、二重手術のダウンタイム時にも使えるので「黒縁の伊達メガネ」を一つくらい用意しておいても良いかもしれませんね。

 

ギリギリのところまでメイクする

傷跡部分はメイクや洗顔をすることは出来ませんが、ギリギリのところまではメイクOK。

内出血や腫れは、コンシーラーやファンデーションを使えばごまかすことが出来るでしょう。

 

メイクをした後の洗顔は、傷口に触れないように気を付けましょう。

もし泡が付いてしまったら、慌てないで水ですすぐか濡れタオルで優しく拭き取ります。

黒縁のメガネを併用すれば、かなり目立たなくなるのでどうしても仕事を休めない場合はこの方法を試してみてくださいね。

 

まとめ

  • 目頭切開後は糸が出たままになり目立つので、抜糸するまでの1週間は仕事は休んだ方が良い
  • 体質によっては、腫れや内出血が酷くなる場合がある
  • 黒縁のメガネとメイクを併用すれば、術後の腫れ・内出血・縫合した糸を目立たなくさせることができる

 

ダウンタイムが短いとは言え、縫合した糸が出たままだと人目が気になりますよね。

抜糸をしてメイクができるまでの間は仕事を休むことがベストですが、無理な方はメガネやメイクで周りに気付かれないようにしましょう。

自然にカモフラージュできるように、メガネは施術前から用意しておくことをオススメします。

スポンサーリンク