「目と目の幅を狭めたい」「平行型の二重にしたい」そんな願いが叶うのが目頭切開法。

他の目元の切開手術に比べて腫れが少ないと人気の手術ですが、抜糸するまでの目元のケアはどうすればいいのか気になりますよね?

 

早くアイメイクをして傷跡や腫れを隠したいけど、いつからできるのかよく分からない。

洗顔のときに傷跡も一緒に洗って大丈夫?

そんなお悩みを解決すべく、抜糸までの過ごし方やいつから抜糸可能なのか詳しくお話していきましょう。
 

スポンサーリンク

 

目頭切開後は5日~7日後に抜糸


目頭切開は、蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる目頭の部分を覆うようにある上まぶたの襞を切開する手術。

手術自体は局所麻酔をして目頭を数ミリ切開するだけなので、時間にすると30~40分程度となります。

切開した後に必ず糸を使って縫合するので、来院しての抜糸が必要です。

 

目頭を切開して縫合した場合は、7日前後で傷口がある程度くっつき少し触ったくらいでは傷口が開かなくなります。

あまりに早い段階で抜糸をすると閉じかけていた傷口が再び開いてしまうことがあるので、自分のスケジュールの都合で抜糸を早めるのはやめておきましょう

 

しかし、抜糸までの期間が長ければ長いほど良いと言うわけではありません。

長期間放置した後での抜糸は、縫合した跡がムカデの足のように残るリスクがあるので遅くとも10日以内には抜糸をしてくださいね

 

クリニックによって多少の差はありますが、5日~7日程度で抜糸のために通院する必要があります。

勝手な判断で抜糸する日を早めたり延ばしたりしないように、クリニックの指示に従いましょう。

 

目頭切開後のメイクは抜糸をしてから可能

5日~7日程度で抜糸をすると、翌日からアイメイクができるようになります

また、切開した部位は抜糸をしてもデリケートな状態です。

まつげエクステの接着剤で皮膚がかぶれて腫れる可能性があるので、できれば抜糸後1ヶ月くらいはやめておきましょう。

 

抜糸前でも目元以外のメイクは可能ですが、アイメイクはできないので術後の腫れや内出血などを隠すことができません。

目頭切開を行って病院から家までに帰るまでや、術後外出するときはサングラスやメガネ、帽子などで目元を隠せるように対策をしておくと安心ですね。
 

スポンサーリンク

 

目頭切開から抜糸までの間気をつけること

目頭切開を行ってから、1週間前後の抜糸までの間は目元が腫れたり内出血を起こす場合があります。

このダウンタイムの間は、手術の影響で体調が悪くなるようなことはないので外出するのには問題がありません。

 

しかし、術後デリケートになっている患部は普段よりも気を付けなければいけないことがあります。

ダウンタイムを長引かせないためにもしっかりと守りましょう。

 

洗顔時に目の周りを擦らないようにする

抜糸前の患部はまだ完全に傷口がふさがっていないので、目の周りを強く擦ることはやめてください。

クリニックで洗顔可能になる目安が多少前後しますが、早ければ術後24時間経過すれば洗顔ができるようになります。

その際も、軽く洗う程度に留めておきましょう。

 

手術当日

・目元以外の洗顔なら可能

・洗顔時や洗髪時に傷跡を濡らさないように気を付けましょう

・もし濡れてしまった時は慌てずに、ティッシュやタオルなどで優しく拭き取るようにしてください

 

24時間~3日後(クリニックによって日数に違いがある)

・縫合した箇所の洗顔が可能になる

 

洗顔可能~抜糸までの間

・ゴシゴシ擦らず、指の腹で優しく洗う

・洗顔時の泡はシャワーできちんと洗い流すようにしましょう

 

抜糸後も1ヶ月程度は、なるべく強く擦らないように気を付けて洗顔するようにしてくださいね

また、長時間の入浴は血流が良くなり、腫れが酷くなることがあるので止めておきましょう。

 

腫れが強い時は軽く冷やす

目頭切開は数ミリの切開なので大きく腫れることは少ないですが、体質や同時に二重切開術を行った場合は腫れてしまいます。

腫れに効果があるのは、患部を冷やすこと

でも間違っても冷えピタを直接貼ることや、アイスノンを直接傷口に当てることは絶対にしないでくださいね。

 

冷えピタのジェルで患部が荒れたり、アイスノンを直接当てると凍傷の恐れがあります。

冷やす場合は、タオルやハンカチでアイスノンを包んでから軽く目元に当てるようにしましょう

 

最も冷やすのに効果的なのは、血行が良くなると内出血を起こしやすくなる手術当日~翌日です。

この期間に冷やすと、術後の腫れが少なくなるのでおすすめ。

抜糸後は冷やしてもほとんど変わらないので、手術後から抜糸までの間に腫れが気になるときは冷やすようにします。

 

仕事など公の場に出るのは控える

抜糸までのダウンタイムの間は、できれば目元が目立つような場所に出かけるのはオススメしません。

学生なら夏休みなど長期の休みを利用して手術すればいいですが、社会人ならそういう訳にはいかないですよね。

 

有給などを使えるようであれば利用するのが一番ですが、無理ならせめて週末の連休を利用して手術を受けましょう。

術後の予定はなるべく入れないようにしてから、手術を受けることをオススメします。

 

まとめ

 

・目頭切開の術後は5日~7日で抜糸

・メイクは抜糸後に可能だけど、まつエクは1ヶ月は我慢しよう

・手術当日は患部を濡らさないように洗顔する

・目元の洗顔が可能になっても強く擦らない

・腫れには術後~翌日に患部を冷やすと効果的

・術後は仕事を休めるとgood!

 

目頭切開後は傷口がとてもデリケートなので、抜糸をするまでは特に気を付けてケアを行いましょう。

 

スポンサーリンク