整形をする勇気が無い、手軽に出来るからとの理由で多くの支持を集めるアイプチ。

プチ整形感覚で簡単に思い通りの二重になるアイテムなので、メイク道具に忍ばせている方も多いでしょう。

 

しかし、このアイプチをメイクのどのタイミングで使うか、実は良く分からないということはありませんか?

順番を間違うと二重がすぐに取れてしまったり、メイクが決まらなくて朝からイライラすることも。

そんなあなたに簡単にアイプチもメイクもキレイに決まるコツ、お教えします!
 

スポンサーリンク

 

アイプチを使う順番を間違えるとキレイに仕上がらない

ご存知の通りアイプチは、接着剤をまぶたに塗ってプッシャーを使い一時的に二重にするアイテムです。

整形とは違い手軽に出来る反面、毎日アイプチを使わないと二重にはならないので面倒に感じることも。

 

アイプチを使用するときのアイメイクでの失敗は、順番が違うことで起こってしまいがちです。

  • 二重のラインが取れやすい
  • アイプチを塗った場所がテカってしまう
  • ガタガタの不自然な二重になる
  • アイシャドウが二重の溝に入り込み、ラインがぼやける

こういった失敗をしてしまう方は、アイプチを使うタイミングが間違っている可能性が高いと言えます。

アイシャドウやマスカラ、アイラインといったたくさんのアイメイクがありますが、一体アイプチはどこで使用すれば良いのでしょうか。

 

アイメイクをしてからアイプチを付けるのが正しい順番

あなたは、先にアイプチをしてからアイメイクを行っていませんか?

一般的なアイプチの使用方法には、まぶたの油分や汚れをコットンなどで取ってから」「必ず素肌で使用しましょう」などと記載されているものが多いです

だから先にアイプチを使用するのは、説明書通りということになりますよね。

 

しかし、アイプチはとてもデリケートなので、のり付けした上からブラシやビューラーを使用して刺激を与えるとヨレたり汚くなってしまうことが多いです。

アイプチによっては使用方法通りに進めた方が良いものもありますが、アイメイクをキレイに仕上げたいなら逆にアイメイク→アイプチに挑戦してみましょう。

 

マスカラやアイシャドウといったアイメイクの正しい順番

アイメイクをした後にアイプチをするとキレイなアイメイクが完成すると言いましたが、マスカラやアイラインなどの細かい順番が気になりますよね。

もちろん自分がやりやすい方法が一番ですが、上手く出来ないという方は一度参考にしてみてください。

 

  1. ①ベースメイクをする

    化粧下地やファンデーションなどのベースメークをしましょう。

  2. ②アイシャドウをする

    アイメイクの中で一番最初にするのがアイシャドウ
    アイプチをした後にアイシャドウを塗るとパウダーが二重のラインに入ってしまったり、アイプチを塗った部分だけが濃く見えてしまう。

  3. ③ビューラーでまつげをしっかりと持ち上げる

    ビューラーでまつげを挟むとき、どうしてもまぶたに当たってしまうので刺激で二重のラインが取れやすくなってしまいます

    アイプチを塗る前にしっかりとまつげを持ち上げておきましょう。

  4. ④アイプチで二重を作る

    プッシャーを使用した時にまつげが邪魔な場合は、アイプチを使用してからビューラーを使うのもOK。

    その際は出来るだけビューラーがまぶたに触れないように気を付けてくださいね。

  5. ⑤アイライナーでラインを書く

    一重のとき、二重のときのアイラインは見え方が違ってくるので、アイプチで二重を作ってからラインを入れる方が自然な仕上がりになります

  6. ⑥一番最後にマスカラ

    最後はマスカラを塗ってアイプチを使用したアイメイクの完成です。

 

キレイなメイクを長持ちさせるテクニック

アイプチを使用したときのメイクは、ヨレてしまったり汚くなってしまうことがあるので夕方まで持たずにやり直さなければいけないことがあります。

そんなメイク直しの負担を少しでも減らせるように、キレイなメイクを長持ちさせる方法を紹介していきましょう。

 

  • 二重の幅を無理に広く取らない

人には自然に二重になりやすい幅というものがあります。

それを無視して広く二重の幅を取ってしまうと、まぶたを接着する幅が狭くなることで不自然な仕上がりに

また、二重のラインも取れやすくなってしまいます。

  • アイプチをした後は極力その部分を触らない

アイプチを塗った部分が気になるのは仕方無いですが、触ってしまうと接着力が弱まりラインが取れてしまう原因に。

だからこそ、アイメイクをした後にアイプチをする方が、二重が長持ちするのです。

  • 粘着力の強いアイプチを使う

粘着力の強いものは二粘着力の強い方がラインが取れにくいのでオススメですが、二重を作るときにプッシャーに液が付くとラインがガタガタになってしまうことがあります。

少し上級者向けなので、まだアイプチに慣れていない方は少し粘着力の弱いものから徐々に慣らして行きましょう

ウォータープルーフのアイプチも数多く販売されているので利用してみてはいかがでしょうか。

 

それでも毎日アイプチをするのが面倒という方は、二重整形を受けるというのも一つの方法です。

今ではアイプチ感覚で出来る埋没法から、半永久的な二重を手に入れられる切開法まで豊富にありますよ。
 

スポンサーリンク

 

粘着力が弱いアイプチはメイクの前の方が良い

アイプチの前にアイメイクをするとキレイな仕上がりになるのですが、それはアイプチの粘着力が強い場合の話。

しっかりとした粘着力があるからこそ、アイシャドウのパウダーを乗せたまぶたの上からでも二重のラインが作れるのです。

 

逆に粘着力の弱いアイプチだと、メイクが邪魔して上手く二重が作れません。

また、二重のラインが出来たとしても長時間キープすることは難しいでしょう。

この場合は先にアイプチをしてからアイメイクをする方が、二重が取れにくく長持ちします。

 

アイプチ初心者の方は、あまりに粘着力の強いアイプチを使用すると失敗した時に一からアイメイクをやり直さなければいけなくなるので、まずは粘着力の弱いものから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

 

・アイメイクはアイプチの前にしよう

・先にアイプチをするとメイクがキレイに仕上がらない

・アイプチ初心者の方は粘着力の弱いものから試そう

・慣れてきたら粘着力の高いアイプチで自然な二重を目指そう

 

アイプチをしてからアイメイクをすると、汚くなってしまったりラインが取れやすくなってメイク直しをする回数が増えてしまいます。

メイクの順番に迷っていた方は一度この方法を試してみて、長時間キレイなメイクをキープしましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク