髪の毛をカットしてイメチェンをするのは簡単ですが、ボリュームを出したりロングヘアにするには地毛だけでは難しいですよね。

そんな時に、気軽に雰囲気を変えられるのがエクステ。

 

エクステの付け方にはいくつか種類があり、初めて挑戦する人ならどの方法にしようか迷うと思います。

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、自分が何を最優先にするかによって選ぶことが大切です。

 

今回は、エクステの付け方の「編み込み式・超音波式・金属チップ式・シリコンキャップ式」について調べてみました。

どの方法でエクステを付けるのか迷いがある方は、自分に最適な付け方を決めるための参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

エクステの付け方は求めるスタイルによって異なる

あなたはエクステを付けるとき、値段を最優先にしますか?

それとも、仕上がりのナチュラルさを求めますか?

「付けた後の手入れが楽な方がいい」など人それぞれ求めるのが違うのは当然です。

 

エクステの付け方はたくさんありますが、あなたがどの種類を選んだとしても間違いはありません。

なぜなら、自分が何を最優先するかによって求めるエクステの付け方が変わってくるからです。

 

編み込み式・超音波式・金属チップ式・シリコンキャップ式、それぞれのメリット・デメリットを理解してエクステを付ける際の参考にしてくださいね。

 

長時間持たせる付け方は編み込み式

編み込み式はしっかり地毛とエクステを編み込み、その接着部をゴムで縛ることで長く持たせることが可能。

三つ編みと四つ編みの2種類があり、より長くエクステを持たせるには四つ編みがおすすめです。

 

地毛を混ぜて編み込むので、自分の髪の毛の色に馴染むため自然な仕上がりに

また、エクステを取り付けている部分が編み込みになっているため、髪の表面に見えても可愛くオシャレに見えますよ。

出典:ヘアーズ&アルファ

 

その反面、1本1本編み込んでいく必要があり、取り付けの施術に時間がかかるデメリットも。

エクステを外す際も時間が掛かりますが、結んであるゴムを切って編み込んでいる部分をほぐせばいいだけなので自分で外すことが可能です。

 

衛生面では、シャンプー後にドライヤーでしっかりと乾かさないと蒸れて痒くなることがあります。

編み込み部分は乾きにくいため、いつもよりドライヤーに時間がかかるでしょう。

 

メリット

  • 長持ちする
  • 地毛が混ざるためナチュラルな仕上がりになる
  • 自分で取り外すことが出来る
  • 髪の表面に結び目が見えても可愛い

 

デメリット

  • 取り付け・取り外しに時間がかかる
  • エクステを取り付けている部分(編み込み部分)がボコボコしてしまう
  • 編み込み部分を乾かすのに時間がかかる

 

スポンサーリンク

 

目立ちやすくする付け方は超音波式

超音波は、エクステを付けた後の仕上がりを、より自然に見せたい人に向いている方法。

この施術で使用されるエクステの結合部分には、接着成分であるケラチンがあらかじめ付着しています。

 

超音波が発生する専用の機器で、接着剤が付いている部分を地毛と一緒に挟むだけで簡単にエクステを取り付けることが可能です。

出典:最新!超音波エクステンションって何!?

他のエクステを付ける方法では、取り付け器具や編み込むことで結び目が不自然になりがち。

しかし、装着部品が無い超音波式なら取り付け部分が薄くて目立ちません

 

超音波式ではエクステ1本の毛束が少ないため、髪にボリュームを出したい・ロングヘアにしたい場合には編み込み式の2倍近くの毛束が必要になります。

1束の料金は編み込み式でも超音波式でも差がないものの、たくさんの本数を付けるとなると値段が高くなってしまうので気を付けましょう。

 

取り外す際は、ケラチンを溶かす専用の液が必要なのでサロンや美容室で外してもらわなければいけません。

 

メリット

  • 毛束が少なく結び目が薄いので、自然な仕上がりになる
  • 取り付けに掛かる時間が短い

 

デメリット

  • 1本の毛束が少ない分、多くの本数を付けなければいけずコストがかかる
  • 取り外しは専用の液を使用するため、サロンに行かなくてはならない
  • 一定期間でケラチンが取れてくるため、白くポロポロとしたカスが出てくる

 

取り付けが速い付け方は金属チップ式

5ミリほどの金属チップに地毛とエクステを通して、ペンチで挟み取り付け部分を固定します。


取り付けのスピードも速いため、施術も短時間で済むでしょう。

また、挟んだ金属チップを緩めると簡単に取り外すことが可能。

 

取り付け部分が金属なので頭皮に当たると痛みを感じたり、摩擦によって地毛が切れ傷みやすくなることも。

 

メリット

  • 取り付けに時間が掛からない

 

デメリット

  • 金属チップが頭皮に当たり痛みが出ることがある
  • 地毛が切れることもあるので、傷みやすい
  • エクステが取れやすい

 

ダメージが軽い付け方はシリコンキャップ式

内径3ミリ程度の筒状になったシリコンキャップに地毛を通した後、エクステを重ねるように通して固定するだけ。

20本の毛束なら約10分で取り付けられるため、時間が掛かりません。

 

取り外す際は、エクステを引き抜くかシリコンキャップを縦に切るだけなので、一人でも簡単に出来ます。

また、金属チップと違い柔らかい材質なので、頭皮に当たっても痛みが出ないでしょう。

 

編み込み式とは違い、髪の表面には出せないこと・毛束の量が少ないためボリュームを出しにくいことがデメリット。

 

メリット

  • 短時間で取り付けが可能
  • 取り外しも自分で出来る
  • 柔らかいシリコンで固定するので、髪の毛が傷みにくい

 

デメリット

  • エクステの持ちが悪い
  • ボリュームを出しづらい

 

まとめ

  • エクステは何を最優先するかによって取り付け方法を選ぼう
  • 長く持たせたいなら編み込み式
  • 値段よりもナチュラルな仕上がりを優先するなら超音波式
  • 取り付けの施術時間を短縮したいなら金属チップ式
  • 髪の傷みが心配ならシリコンキャップ式

 

ほとんどの美容院で取り入れられているオーソドックスな方法は編み込み式ですが、施術にかなり時間が掛かることが難点です。

時間を短縮出来るのが金属チップ式だけど、髪が傷みやすい。

といった風に、どの取り付け方法にも良い面と悪い面があります。

 

エクステを付ける時に自分が最優先することは何なのかを良く考えた上で、取り付け方法を選択するといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク