誰にでもあるほくろですが、目立つ場所にあると毎日鏡を見るたびに気になってしまいませんか?

小さければメイクで隠すことが出来ますが、黒く目立っているとカバーしきれないことも。

 

悩みの種であるほくろは美容外科や皮膚科で、簡単に取ることが出来ます。

ほくろを取るレーザー治療の中でメジャーなのは、炭酸ガス(CO2)レーザー。

しかし、この方法だと施術後にほくろを取った部分が凹んでしまうことがあるので、躊躇してしまう方も。

 

出来るだけ跡を残さずキレイにほくろを薄くするには、「Qスイッチレーザー」か「フォトRF」がオススメです。

この2つの特徴とほくろに対して、どの程度有効なのかをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ほくろを薄くするQスイッチレーザーの特徴

Qスイッチレーザーは、シミ取りでよく使用されるレーザー機器。

レーザーを照射すると、黒色のメラニン色素のみに反応して色素を破壊するので、シミなら一度の治療で取り切ることができます。

 

しかし、ほくろは色素がシミよりも深い層にあるため、1回のレーザー照射で取り切るのは少し難しいです。

また、シミやほくろの無い部分の正常な肌にダメージを与えることはありません。

 

レーザー照射直後は、ほくろの周りが赤く炎症を起こしますが翌日には治まります。

その後かさぶたが出来て、1週間程度で剥がれ落ちるとほくろが薄くなっているでしょう。

出典:ツツイ美容外科

 

テーピングが必要

クリニックによっては、施術後に保護テープなどのテーピングをするように指導されます。

通常のほくろなら丸1日ですが、大きなほくろや施術中に出血した場合には3~7日ほどテーピングが必要。

 

小さなほくろでは、テーピングをしなくても良い場合もあるでしょう。

 

当日からメイクが可能

 

小さなほくろなら、レーザー照射当日からメイクが可能

もちろんテーピングをしている間は、保護テープの上からのメイクとなります。

 

保護テープを取った後も、炎症後色素沈着を防ぐためにも日焼け止めはしっかり塗りましょう。

 

3ヶ月おきに数回の治療が必要

色素が深い層にある濃いほくろは、1回のレーザー治療ではキレイになりません。

3ヶ月おきに3回ほど照射することで、目立たなくなります。

 

この3ヶ月というのは、レーザー照射後の炎症後色素沈着が落ち着いてくる頃

全てのQスイッチレーザーで起こる訳ではありませんが、施術後1ヶ月くらい経つと一時的に炎症を起こしてシミのようになることがあります。

 

炎症後色素沈着が治まらなければ、本来ほくろがどの程度薄くなったのか判断出来ないため3ヶ月の期間をあける必要があるのです。

だから、切開などでほくろを切除するよりも時間がかかると覚えておきましょう。

 

ふくらみのあるほくろは治療できない

Qスイッチレーザーでは、膨らみがあるほくろの治療は難しいです。

もし治療をする場合は、炭酸ガスレーザーとの組み合わせで行うことが多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ほくろを薄くしながら美肌・脱毛効果のあるフォトRFの特徴

 
様々な肌トラブルに効果のあるフォトRFは、ほくろを薄くすることも可能

IPLとRFの2種類のレーザーによって、美肌に導いていく優れた方法です。

 

  •  IPL

黒や赤といった色に反応する波長を持ち、しみやそばかすはもちろん毛細血管拡張・ニキビ跡の赤ら顔も改善します。
フォトフェイシャルとしても多くのクリニックで取り入れられており、美白効果の高い光治療です。

 

  • RF(高周波)

主にリフトアップ効果が期待できます。
レーザーを照射することで、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの生成を促進させる働きがあるので、たるみ・毛穴トラブルが改善されるでしょう。

 

この2つを同時に照射できるのがフォトRFで、肌トラブル全般を解消したい方にオススメの治療法です。

 

テーピングが不要

レーザーの照射パワーがQスイッチレーザーに比べて弱いので、照射後のテーピングは必要ありません

かさぶたになっても小さく気付かない程なので、通常通りに過ごしても問題無いでしょう。

 

当日からメイクが可能

フォトRFは、ダウンタイムがほとんど無いのが特徴です。

レーザー照射直後は赤みが出ますが、10分ほどで引いていくので当日からメイクをしても問題ありません

 

施術をした日は、少しヒリヒリ感があるかもしれませんが気にならない程度でしょう。

 

1回でも効果を感じられる

フォトRFの施術後すぐに肌のハリを感じる方が多いです。

それ程の即効性がありますが、その効果を持続させるためには1~3ヶ月の間隔をあけて、5回程度行うと良いでしょう。

 

色素が薄い茶色のほくろは1回の照射で目立たなくなりますが、濃い色の深い層まで達しているほくろは数回の治療が必要

どちらかと言えば、QスイッチレーザーよりもフォトRFの方がマイルドなので、濃いほくろはQスイッチレーザーの方が効果が高いです。濃い

 

しみやくすみも目立たなくなる

フォトフェイシャルとして有名なIPLの波長は、シミやくすみを薄くする効果もあります。

続けて行くことで徐々に目立たなくなり、透明感のある肌へと改善されますよ。

 

永久脱毛効果もある

通常の脱毛は黒色メラニンのみに反応するため、色素の薄いうぶ毛には効果がありませんでした。

しかし、フォトRFはうぶ毛も薄くすることが出来る高周波を照射するので、顔の脱毛が可能です。

 

うぶ毛が無くなることで、化粧乗りもUPして毛穴の開きも改善されます。

 

まとめ

  • ほくろを薄くして跡も残らないレーザー治療は、「Qスイッチレーザー」と「フォトRF」
  • 黒いほくろはQスイッチレーザー、茶色いほくろはフォトRFがオススメ
  • フォトRFは肌トラブル全般を解消してくれる
  • どちらのレーザーも、より効果を出すためには間隔をあけて数回の治療が必要

 

顔にある気になるほくろは、レーザー治療を続ければ薄くすることが出来ます。

しかし、皮膚の深い層にある濃いほくろは数回のレーザー照射が必要になるため、少し時間が掛かるでしょう。

フォトRFなら、ほくろだけでは無くシミ・くすみ・たるみにも効果があり脱毛まで出来るので、肌のトラブルに悩んでいる方は試してみましょう。

 

スポンサーリンク