一度気になり出すと、どうしてか存在感が増してしまうほくろ。

ほくろを除去するには、病院でレーザー治療や切開手術をすれば簡単に取ることが出来ます。

 

手術までして取りたい訳ではないけど「セルフケアでほくろが薄くなれば良いのに」と思いませんか?

ほくろを自力で薄くする方法は確かに存在します。

でも、そのほとんどが信憑性の低い方法や、効果よりもリスクの方が高いという場合が多いです。

 

病院でほくろ除去の施術を受けたらアフターケアは必ずしてくれますが、セルフケアだと何かあった場合は全て自己責任となります。

もし自力でほくろを薄くしたいと考えているなら、リスクや副作用をしっかりと理解した上で始めるようにしてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

自力でほくろを薄くしようとするのはリスクがある

ほくろを自分で薄くするとなると、あなたならどんな方法が思い浮かびますか?

 

盛り上がっているほくろなら、カッターなどの刃物で削る・・・。

それとも、ツメで擦ってみますか?

ほくろを取るためのクリームも海外では販売されていますが、どれも肌にとっては良くない方法ばかりです。

 

専門の知識が無い一般人が、自分で健康な皮膚を傷付けるのですから何かしらダメージはあるはず。

では、一体どんなリスクがあるのでしょうか?

 

根が取れるわけではないので再発する

ほくろは皮膚の表面に見えている部分だけを切除したとしても、セルフケアでは皮下にある根までは取り除くことができません。

実は、ほくろはシミよりも根が深く、レーザー治療でも根まで取り切れずに再発することがあります

出典:鶴舞公園クリニック

 

一番確実にほくろの根まで取ることが出来るのは、手術で切開してほくろを取る方法。

だから、自力でほくろを薄くしたとしても根が残り再発のリスクが高まるでしょう。

 

「黒い部分が無くなったから、取り切れたのでは?」と思うかもしれませんが、ほくろの黒い部分は表面だけで奥深くにあるほくろの細胞は黒くない場合が多いです。

ほくろの細胞が少しでも残っていると、紫外線や外部の刺激によって増殖しほくろが再発します。

 

素人ではどこまでが根なのか、その判断が出来ないため「ただ皮膚を傷付けただけ」という場合も。

再発の度にセルフケアをするよりは、一度でキレイにほくろを切除できる病院で施術をする方が良いかもしれませんね。

 

傷を付けて皮膚がんになる可能性がある

怖い話ですが、ほくろと良く似ている皮膚がんがあります。

悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれ、皮膚がんの中でも悪性度が高く進行しやすいので注意が必要です。

出典:皮膚がんの一種「メラノーマ」、多いのは足の裏

 

特に初期のメラノーマは見た目だけでは、ほくろと見分けが付きません。

ほくろだと思い込んで自分で薄くしようと傷付けてしまうと、がん細胞を刺激してしまい遠隔転移することがあります

 

遠隔転移とは、がん細胞が原発巣(はじめに発生した場所)から、血管やリンパ液に乗って他の臓器や器官に転移することです。

引用:はじめてがん保険

 

遠隔転移を起こしてしまうと、全身転移という最悪な状況になってしまう可能性があるので、むやみやたらにほくろを触らないようにしてくださいね。

 

通常のほくろは、切除しても癌化するようなことはほぼありません。

しかし、以下のような状態のほくろは皮膚がんの可能性があるので、切除したいと思っているなら皮膚科で診断することをオススメします。

  • 急激にほくろが大きくなった
  • ほくろの大きさが6ミリ以上
  • 左右非対称や、ほくろの縁がギザギザとしたいびつな形をしている

 

スポンサーリンク

 

自力でほくろを薄く出来る可能性のある方法

わざわざ病院に通ってまでほくろを取りたいわけじゃないけど、自力でほくろが薄くなるならチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

また、ほくろを切除したいけど親に反対されてしまい、セルフケアしか方法がないといった場合もあると思います。

 

自力でほくろを薄くする方法はネットや口コミなどで紹介されていますが、リスクが高いことや信憑性がないため全て自己責任でしなければいけません。

少しでも躊躇する方は、後悔しないためにも皮膚科で切除する方が良いでしょう。

 

では、ちまたで噂の『ほくろを薄くする方法』を紹介していきますね。

 

ほくろ除去クリームを使用する

ほくろ除去クリームは、ほくろを取る専用のクリームで「ほくろが取れた」との声も多数あります。

皮膚科で切除するよりも安く気軽に出来るため、人気があるのも確か。

しかし、その反面「赤みが残った」「凹んだままになっている」などの副作用の口コミが多いのも事実です。

 

もし使用する場合は、しっかりと説明書を読んで目立たない場所から試すようにしましょう。

 

ワートモールバニッシュ(WMVクリーム)

出典:ワートモールバニッシュ

25年以上の研究と開発を重ねて、100%ナチュラルな成分を使用。

クリームをほくろに塗布して20分間待つだけの簡単な商品です。

 

ニッキーモールアウトクリーム 

出典:ニッキーモールアウトクリーム

ハーブの作用でほくろを除去するクリーム。

40個分のほくをろを取ることができる大容量タイプで、3,980円と安価が魅力です。

 

このようなほくろ除去クリームは海外製の商品なので、何かあった場合の対応も難しいかもしれません。

ワートモールバニッシュは効果が無い場合は返金対応、ニッキーモールアウトクリームはほくろが取れるまでは完全サポートしてくれるそうです。

 

しかし、アフターケアのことについては何も触れていないため、もし炎症が治まらないときや皮膚がただれるなどの症状が出たとしても自分で何とかする必要があります。

ムヒと絆創膏を使用する

「ムヒでほくろが取れるの?」と思ってしまいますよね?

炎症やかゆみを抑えるための薬品なので、ほくろが取れるといった医学的根拠は全くありません

 

また、液体ムヒはメンソールなど肌にとって刺激が強いため、ほくろに使い続けると逆に大きくなってしまう可能性もあります。

 

【ムヒでほくろを薄くする方法】

ほくろに適量ムヒを塗って放置するだけです。

1日に2~3回ほど塗り、お風呂など洗い流してしまいそうな場合は絆創膏を貼りましょう。

ラップなどでも代用可能です。

 

ムヒを塗りすぎて炎症を起こしてしまうと、皮膚科に通わなければいけなくなってしまいます。

ほくろを取るどころか皮膚にダメージを与えるかもしれないため、良く考えてから試してください。

 

ビタミンやミネラルが多い野菜や果物を食べる

ほくろが増える原因は、シミと同じように紫外線を大量に浴びることでメラノサイトがメラニンを作り出すことによるもの。

肌サイクルが正常に働いていればメラニンは体外に排出されるのですが、加齢やストレスによって乱れてしまうと体内に留まったままシミやほくろが出来てしまうのです。

 

ですから肌の新陳代謝を上げれば、ほくろの素となるメラニンも排出されます。

規則正しい生活を心がけることはもちろん、ビタミンやミネラルの多い野菜・果物を積極的に摂取してください

 

ほくろを薄くするというよりは、予防策として覚えておきましょう。

 

まとめ

  • 自力でほくろを薄くする方法はあるが、リスクも高いので自己責任で試しましょう
  • ほくろは根が深いので黒い部分だけを取っても再発する可能性がある
  • ほくろに似たメラノーマという皮膚がんがあるので、自己判断はNG

 

ほくろを取りたいなら、アフターケアもきちんとしてくれる皮膚科で施術する方が安心です。

しかし、どうしても自力でほくろを薄くしたい方は、リスクや副作用があることをしっかり把握しておきましょう。

セルフケアで治療して、「ただ肌を傷付けてしまっただけ」にならないように気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク