受け口は見た目はもちろん、前歯を使って上手に噛むことが出来ないため咀嚼(そしゃく)機能にまで影響を与えます。

軽度の受け口なら可愛らしいチャームポイントとなり得ますが、酷いとそういう訳にはいきません。

 

口元が気になって、人前で笑うのを我慢しているという事はありませんか?

しかし、受け口を治すための手術となると全身麻酔を使用する大がかりなものとなるため、できれば避けたいはず。

 

軽度の受け口なら、手術をしなくても歯並びを矯正することで改善されます。

また、重度の場合でも骨格の矯正は手術でしか出来ませんが、上手く前歯で噛めるようにするだけなら矯正でも可能。

どのような矯正方法があるのか紹介していくので、自分に合った方法を選択しましょう。
 

スポンサーリンク

 

歯並びが原因の受け口は手術なしでも治すことが可能

受け口とはいっても、人それぞれ症状が違います。

下の前歯が前方に飛び出していて、上の前歯が後方に引っ込んでいる受け口。

顔の中央部分が凹んでおり下あごが突起していることによって、横から見ると弓のような形に見えてしまう人など。

 

遺伝や成長過程など要因は様々ですが、骨格に問題がなく歯並びが原因で受け口になっている場合は、歯科矯正のみで治療することが出来ます

骨格が原因だとしても、歯並びのみなら正常に戻すことは可能です。

しかし、『しゃくれ』といわれるアゴが前に突き出ている状態は手術をしないと改善されません。

 

自分の受け口がどのタイプのものか診断するには、専門の歯科医院などで詳しく診てもらうのが一番です。

 

やはり誰でも手術は怖いので、矯正だけで受け口が改善されれば嬉しいですよね。

では、どんな方法で受け口を治していけば良いのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

手術なしで受け口を治す方法

手術をしないで受け口を改善するには、歯科矯正での治療が一般的。

大きく分けて2種類の方法があります。

 

一つは歪んでいる歯を少しずつ動かして、正しい位置に戻す矯正方法。

  • ワイヤー矯正(ブラケット)
  • マウスピース

 

もう一つは、歯自体の位置を変えること無く自分の歯を土台にして被せ物をすることで、見た目を美しくする矯正です。

  • セラミック矯正

 

どちらにもメリットデメリットがありますので、決める際は医師とよく相談するようにして下さい。

セラミック矯正

セラミック矯正元々ある自分の歯を削って、その削った歯を土台にしてセラミック製の人工の歯を被せることで歯並びを矯正させます。

出典:デンタルクリニック成城

 

①まず、歯を削ってセラミックを被せるための土台を作ります。

(前歯12本で2ヶ月ほど)

 

②型取りをした後、出来上がったセラミックを被せる。

(セラミックの人口歯ができるまでは、仮歯を入れます)

 

③見た目や噛み合わせなどのチェックをして完了。

 

※もし、虫歯や歯周病などがある場合は、最初に治療をしてからセラミック矯正を始めるので少し時間がかかるかもしれません。

 

セラミック矯正では健康な歯を削ってしまうことと、歯を削る際に神経の治療をすることが多いので、歯の強度が弱くなる可能性が高いです。

しかし、受け口の状態だと上手く噛めない・歯磨きがしっかり出来ないなどのトラブルで口の中の衛生状態が悪くなることも。

 

その状態が長く続けば、虫歯や歯周病のリスクが高くなるため歯の寿命が短くなるでしょう。

それならば、しっかり噛むことが出来て見た目も美しくなるとの理由からセラミック矯正を選択する人が多いです。

 

また、ワイヤーやマウスピースでの矯正では1年半~2年程度かかりますが、セラミック矯正は数ヶ月と短期間で改善されることが魅力。

通院回数も3~4回と何度も通わなくていいですし、仕事柄「ワイヤー矯正はちょっと目立つから嫌・・」といった人にも向いています。

 

メリット

  • 数ヶ月で受け口が改善される
  • セラミックを被せるまでの間は仮歯を入れているため、周りから気付かれにくい

 

デメリット

  • 健康な歯を削って土台にするので、歯の強度が弱くなる
  • 神経の処置もするため、歯の寿命が縮まるリスクが高まる

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正といっても、最近では多くの種類が用意されています。

一般的なのは歯の表側にブラケットと呼ばれるものを付けて、それをワイヤーでつなぎ引っ張ることによって、少しずつ歯を正常な位置に戻す方法。

出典:大阪歯科 矯正咬合センター

 

しかし、いかにも矯正していることが周りに気付かれてしまうため、歯の裏側にブラケットを付ける裏側矯正(舌側矯正)という方法もあります。

出典:林田歯科

人と話しをしても周りからは見えないので、大人になってからワイヤー矯正する人はこの方法も一つの選択肢に入れましょう。

 

ただ、表側の矯正よりも1.3~1.5倍ほどの料金が必要です。

下の歯は笑ったり話したりしても比較的見えないので、上だけを裏側にして下の歯を表側矯正にする「ハーフリンガル」なら費用も抑えられますよ。

 

他には、表側矯正でも金属ではなく歯と同じ白いブラケットやワイヤーを使うことで、目立たなくさせることも可能。

出典:宮崎の矯正歯科医

金属のワイヤーと比べると、かなり目立たなくなるのが分かりますよね。

 

最後は、矯正もおしゃれの一貫として楽しもうという方法。

出典:大口式矯正治療

こんなカラフルな矯正器具なら、気分も上がるのではないでしょうか?

 

どのワイヤー矯正も、ワイヤーを引っ張ることで徐々に歯を動かすため1年半~2年ほど時間がかかります

また、矯正が完了して受け口が改善されたとしても、歯が元の位置に戻ってしまわないように「リテーナー」という保定器具を1~3年間装着しなければいけません。

出典:ヤマダ矯正歯科のブログ

 

受け口が改善され、完全に矯正器具とお別れするまでにはかなりの時間を要します。

ただ、歯の生え方によっては抜歯をすることがありますが、セラミック矯正のように歯を削ることはほとんど無いでしょう。

 

メリット

  • 歯を削る必要がほぼ無いので、自分の歯を残すことができる

デメリット

  • 治療が完了するまでに1年半~2年、後戻りしないように保定器具を付ける期間が1~3年必要
  • 慣れるまでは、食事や歯磨きがやりにくい

 

骨格が原因の受け口は手術が必要になる

セラミック矯正やワイヤー矯正は、歯並びを整えることを目的とした治療ですが骨格を変えることは出来ません

重度の受け口の場合、下あごが突起しているなどの骨格が原因になっていることが多いでしょう。

 

そのような受け口は、外科的手術が必要

骨格が問題でも軽度の場合は、セットバック手術という骨切り術で対応出来ます。


セットバック法は、日帰り手術で対応しているクリニックもありますが、術後2週間くらいは痛み・腫れなどが続くでしょう。

 

また、下顎が上顎よりも8ミリ以上前に飛び出している場合は、SSROと呼ばれる下顎後退手術が必要です。

出典:たくま歯科医院

セットバック手術よりも大がかりな手術になるため、2週間の入院やワイヤーで顎の固定など術後のダウンタイムも長くなります。

 

矯正治療だけでは骨格を変えることができない点から、見た目もキレイになりたいとの思いで外科的な手術をする方もいます。

術後すぐに受け口の改善が見られますが、あごの痺れなど後遺症が残る心配もあるので、もし手術を受けるなら良く考えてからにしてくださいね。

 

まとめ

  • 歯並びが原因で受け口になっている場合は歯科矯正で改善される
  • セラミック矯正は短期間で完了するが、歯を削るので歯の強度が落ちる
  • ワイヤー矯正は歯を削ることはないが、受け口が改善されるまでに時間がかかる
  • 下顎が突起しているなど骨格が原因の受け口は手術が必要

 

軽度~中程度の受け口なら、歯科矯正で改善されることが多いです。

どの方法を選択するかは自分のライフスタイルに合うかどうか、また医師とのカウンセリングでよく話し合ってから決めましょう。

重度の受け口でも、噛み合わせだけなら手術なしで改善されます。

しかし、「噛み合わせも見た目も妥協したくない」と言う人は、手術が向いているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク