上顎よりも下顎が突出している受け口は、見た目の問題はもちろん噛み合わせが悪い状態です。

歯列矯正や外科的手術で治療することができますが、気になるのは値段ですよね。

 

通常の歯列矯正は保険が適用されないため、何十万円と高額になることがほとんど。

受け口を治したいと思っていても治療費がネックになって、二の足を踏むことだってあるでしょう。

 

実は、受け口を矯正する治療には保険が適用されるケースと適用されない場合があります。

保険が適用されれば一般の人なら3割負担で受けられるため、治療をしてみようという気が起こるかもしれません。

では、保険が適用されるボーダーラインは一体どこからなのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

受け口を治すための歯列矯正は基本的に保健適用外

歯列矯正は、歯並びを改善する他に受け口や出っ歯などを治療することが出来ます。

しかし、ほとんどの場合保険が適用されないため、自費での矯正治療をしなければいけません

 

これは、歯のホワイトニングやセラミックなどと同じで、審美的な理由での施術と見なされるためです。

つまり「見た目を美しくするのに保険は使えませんよ」ということ。

 

受け口や出っ歯で、見た目だけではなく噛み合わせも悪い場合には、歯列矯正だけで改善するのは難しいです。

そのような人は、後で説明する外科的手術も必要になってくるので、歯列矯正だけで受け口が改善する軽い症状には保険が適用されないと考えておきましょう。

 

受け口を治すための歯列矯正で保健適用されるケース

ほとんどの受け口を治すための歯列矯正には保険が適用されませんが、中には保険で受けられるケースもあります。

では、一体どんな時に保険を使うことが出来るのでしょうか?

 

先天的な異常の場合

生まれつきの異常で、厚生労働省が定める先天的な疾患により噛み合わせが悪いケースを改善するための歯列矯正は、保険が適用されます。

上唇から上顎の奥まで裂けている唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)や、鎖骨・頭蓋骨異形成など50種類ほどの疾患が対象

 

詳しくは日本矯正歯科学会のHPに疾患が記載されています。

 

また、自立支援医療機関(育成医療・更生医療)・顎口腔機能診断施設の認定を受けている医療機関のみ保険が適用されるため、どこの病院でも良いという訳ではありません。

もし通っている病院が対象では無かったときは、大きな病院や大学病院などの医療機関へ紹介状を書いて貰うことになるでしょう。

 

外科的手術が必要な顎変形症の場合

 

歯列矯正だけは受け口が治らないと判断された場合は、外科的手術が必要です。
顎変形症(がくへんけいしょう)言われる噛み合わせの異常を改善するための手術で、その前後に歯列矯正で治療をします

 

顎変形症とは?

上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔面の変形と、かみ合わせの異常を起こしている状態をいう。症状は患者によっても千差万別。顔面の変形、かみ合わせから、口腔領域機能に大きな問題があると判断された場合に手術が施される。

引用:ウィキペディア

 

症状にもよりますが、この手術の前に6ヶ月~1年以上、手術後には6ヶ月~1年程度の歯列矯正をしなければいけません。

この場合は、手術そのものはもちろん手術前後の矯正治療も保険が適用されます。
 

スポンサーリンク

 

受け口を治すための歯列矯正にかかるお金

歯列矯正には保険が適用されるケースと、そうで無い場合があることが分かりましたよね。

しかし、自費でも保健適用だとしても、どのくらいの料金がかかるのか知っておかないと不安になると思います。

 

受け口を治すための歯列矯正、その自費治療と保険治療について、それぞれの詳しい料金を説明していきましょう。

 

保険適用外の場合は20~100万円

受け口を改善するために歯列矯正をする場合は、ブラケットを用いたワイヤー矯正やセラミック矯正で治療をします

ワイヤー矯正にもいくつか種類があり、オーソドックスで低料金なのが表側(唇側)矯正

出典:吉祥寺セントラルクリニック

費用は60万~80万円前後ですが、これは金属のブラケットやワイヤーを使用しているため目立つのがデメリットです。

 

金属部分を歯と同じ白いセラミックのブラケットにしたり、ワイヤーも目立たないよう白や透明にすることが出来ます。

出典:プラ-ジュ矯正歯科

この場合は、5万~10万円ほど高くなるので注意しましょう。

 

また、舌側に矯正器具を付ける裏側矯正なら周囲に気付かれることなく歯列矯正が可能

表側よりも料金は高くなり、80万~100万円を超えるクリニックもあります。

 

ワイヤーによる矯正治療は歯並びが良くなるまでに数年かかりますが、セラミック矯正なら最短で1ヶ月で治療が終了。

噛み合わせが上下で逆になっている前歯のみをセラミックに変えることで、受け口を改善するという方法です。

 

セラミック1本の料金は6万~8万円ですが、ジルコニアなど品質によってはさらに高くなります。

下の前歯4本をセラミックに変えるとすると、最低でも20万円は必要。

 

このように保険が適用されないケースの歯列矯正では、20万~100万円と高額になるため治療に踏み切れない人もいるでしょう。

 

保険適用内の場合は約50万円

顎変形症の手術は保険が適用されるため、20万円ほど

その前後の矯正治療は30万円程度になるので、両方合わせても約50万円で受け口が改善されます。

 

しかし、保険が適用される矯正器具には条件があり、金属のブラケットやワイヤーが対象です。

中にはセラミックの目立たない矯正器具を使用してくれる病院も稀にあります。

 

ですが、ほとんどのケースでは金属ブラケットになるため、矯正期間中は周りの視線が気になるかもしれません。

それでも自費治療の半分程度の料金で受け口が改善されるのは嬉しいですよね。

 

まとめ

  • 受け口を改善するための歯列矯正の多くは保険適用外
  • 先天性の疾患や顎変形症で、外科的手術を受ける際の歯列矯正は保険が適用される
  • 保険が適用されないワイヤー矯正やセラミック矯正にかかる料金は20万~100万円ほど
  • 保険適用の歯列矯正は手術費用を入れても50万円ほど

 

手術が必要な重度の受け口は、保険が適用されることがあります。

自費での治療に比べて低料金での歯列矯正が出来るため、受け口で悩んでいる人は一度手術を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク