団子鼻や「ブタ鼻」と呼ばれる上向きの鼻など、鼻先の悩みは人によって様々。

このような悩みを解消するために、あなたも鼻先の整形をしたいと思っていませんか?

 

しっかりとメスを使う方法や、糸だけで行われるプチ整形と鼻先だけの整形でも種類はたくさんあります。

しかし、どんな整形にも少なからず失敗や副作用といったリスクはつきものです。

今回は、気軽に行える糸を使用した鼻先の整形に、どんなリスクが潜んでいるのかをお話していきましょう。

 

糸を使う鼻先の整形は失敗のリスクが高い

整形手術全般に言えることですが、誰しも整形をするなら術中の痛みや術後のダウンタイムが短い方が嬉しいですよね。

メスを使うとなると恐怖心もあるので、ループ法などの糸だけで行われる鼻先整形に飛びつく人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ダウンタイムが短い・手術自体が簡単と言っても失敗のリスクがゼロということはありません。

どういったリスクが隠れているのかを知った上で、整形手術をするようにしましょう。

 

糸だけで鼻先に形を維持するのは難しい

糸を使用して鼻先を整形する方法として、ループ法と切らない鼻中隔延長術というものがあります。

 

【ループ法】

左右の鼻の根元部分を糸で結んで小鼻を小さくさせる方法。

出典:ユリシスクリニック

 

【切らない鼻中隔延長術・フレックスノーズ】

トゲの付いた糸を鼻先に入れることで、鼻先を高くすることができる

出典:聖心美容クリニック

 

どちらの手術も一般的に溶ける糸を使用しているので、体内に吸収されてしまうと効果が感じられなくなります

吸収されたとしても糸の周りのコラーゲンが線維化することで、すぐに元に戻るということはありません。

しかし、長く持っても1年程なので、効果が無くなる度に手術しなければいけないといったリスクがあるのです。

 

入れた糸が飛び出てしまう

どちらかと言えば、ループ法よりも切らない鼻中隔延長術に多いのが鼻先から糸が飛び出してしまうという失敗。

経験豊富な医師の元、きちんとした手術が行われていればこのようなリスクが起こる心配はほとんどありません。

しかし、糸が飛び出してしまったために糸を取り出す施術をした方もいるのが実情。

 

整形手術も進化しているので、このようなリスクを回避すべく挿入する糸や挿入の角度などを調整することで、以前よりもリスクは減ってきています。

ですが、こういったリスクが起こり得ることをしっかりと覚えておきましょう。

 

感染症にかかってしまう

糸が飛び出すことで傷口が広がってしまい、そのまま放置していると感染症の危険性が高くなってしまいます。

通常、糸を使用した鼻先の整形は術後に腫れや痛みがあっても、3日~1週間ほどで落ち着くことがほとんど。

 

感染症にかかってしまうと、痛みが酷くなり傷口が熱を持つこともあります。

「痛みが一向に引かない」「腫れ方が酷い」など違和感を覚えたときは、早めに医師に相談してください。

 

糸を使わない鼻先の整形の手術方法

糸を使用した鼻先の手術は手軽にできる一方で、様々なリスクがあることが分かりました。

では、糸を使わないで行われる鼻先の整形には、一体どんな方法があるのでしょうか?

 

また、どんなメリットがあるのかも詳しく見ていきたいと思います。

 

耳介軟骨移植

耳介(じかい)軟骨移植は、簡単に言うと耳の軟骨を鼻先に移植する整形手術です。

耳の中の軟骨や、耳の後ろの付け根部分を切開して軟骨を取り出します。

 

   

出典:高須クリニック

鼻先へ移植を行う際は、鼻の穴を数ミリ切開して耳介軟骨を挿入して鼻先を思い通りに調整します。

 

 

≪メリット≫

  • 移植場所を調整できるので、自分の思い通りの鼻先をデザインすることができる
  • 鼻の中を切開するので、傷跡が目立たない
  • 術後にギブスや包帯で固定する必要が無い
  • 効果は半永久的

 

鼻中隔延長術

鼻中隔とは鼻の穴を左右に分けている壁のこと。

出典:primo CLINIC 

この鼻中隔軟骨の長さが短いと上向きの「ブタ鼻」になるので、解消するために鼻中隔延長術を行います。

耳介軟骨移植と同じように耳の軟骨を使用する他、肋軟骨を使う場合も。

肋軟骨を取り出すには、バストの下を数㎝切開しなければならないため、傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。

 

耳介軟骨や肋軟骨を鼻中隔軟骨に重ねて縫合することで、鼻先に長さを出すことが出来るのです。

より長さを出したい場合は肋軟骨の方が向いていますが、人によっては取れないこともあるので医師とよく相談してから決めましょう。

 

 

≪メリット≫

  • 耳介軟骨移植よりも鼻先の長さを出すことができる
  • 糸だけで行われる整形と違い、半永久的な効果が望める

 

鼻尖形成

鼻尖(びせん)形成は鼻尖縮小とも呼ばれ、鼻先にある皮下脂肪や軟骨を切除して左右の軟骨を中央に引き寄せることで、スッキリとした細い鼻先を作る方法。

出典:川崎中央クリニック

 

手術は鼻の中を切開して行うクローズ法と、鼻柱を切開するオープン法があります。

出典:新宿ラルク美容外科クリニック

軟骨を安定させるために、術後数日~1週間ほどテープやギブスで固定しなければいけません

≪メリット≫

  • 軟骨が発達している・皮下脂肪が多いなど様々な鼻先の悩みに対応できる
  • クローズ法なら、鼻の中を切開するので傷跡がほとんど分からない
  • 半永久的な効果がある

 

まとめ

  • 糸を使った鼻先の整形の効果は1年ほど
  • フレックスノーズでの施術では、稀に鼻先から糸が飛び出すことも
  • 飛び出した糸による傷口から、感染症を引き起こすことがある
  • 耳介軟骨移植は軟骨を移植する場所によって、鼻先のデザインを変えられる
  • 鼻先に、より長さを出したいなら鼻中隔延長術
  • 鼻尖形成は、皮下脂肪が多い・軟骨が発達している人向き

 

ダウンタイムもほとんど無い糸を使用した鼻先の整形は、気軽に行えますが後戻りも早いです。

半永久的に鼻の形を変えたいと思うなら、メスを使用した耳介軟骨移植・鼻中隔延長術・鼻尖形成といった手術法も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク