鼻の先が上に向いて、鼻の穴が正面から丸見えになっているブタ鼻。

鼻先がのっぺりとして鼻翼が横に広がっていることで、鼻の穴も横に伸びているような団子鼻など、自分の鼻の穴が気になることはありませんか?

 

こういった特徴的な鼻じゃなくても、「もう少し鼻の穴が小さかったらいいのに」なんて思っているなら鼻の整形を考えてみてはどうでしょうか。

鼻筋を通すだけが鼻の整形ではありません。

実は、鼻先の整形をすることで鼻の穴の形まで変化させることが出来るのです。

 

もちろん手術方法によって、メリットデメリットがあるので自分に向いている種類を選ぶことが大切。

では、どのような整形の方法があるのか一つひとつ見ていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

鼻の穴の形を整形する方法と効果

 

鼻の穴の形を変えるには、鼻先にある鼻尖鼻翼の整形をすること。

出典:湘南美容外科

 

鼻尖を細くしたり鼻翼を小さくすることで、自分好みの鼻の穴の形にすることができます。

整形の方法と効果、またリスクについても詳しく見ていくことにしましょう。

 

鼻尖を縮小する

鼻先の鼻尖部を小さくする整形方法として、鼻尖縮小術があります。

これは、糸と針のみで行う切らないプチ整形で二重手術で例えるなら、埋没法のようなものです。

 

左右に広がってしまっている鼻翼軟骨を、糸で縛り中央に引き寄せる手術法。

出典:もとび美容外科クリニック

糸で縛ることによって、丸い鼻の穴が縦長に変化します。

 

この方法は鼻翼軟骨が離れているせいで団子鼻になっている方には向いていますが、脂肪や軟部組織が多くて鼻先が丸くなっている場合は、あまり変化を感じられません。

 

出典:もとび美容外科クリニック

 

また、溶ける糸を使用しているので、あと戻りが起こりやすく効果が長続きしないことがデメリット

しかしながら、メスを使用しないため傷跡が目立たずダウンタイムが短いので、気軽に鼻の穴の形を変えたい方にはオススメの方法ですよ。

 

 

糸を使用した鼻尖縮小術のリスク

  • 溶ける糸で留めるだけなので、あと戻りしやすい
  • 脂肪や軟部組織が多い場合は、効果が感じられない

 

小鼻を縮小する

鼻の穴の形を変えるために小鼻を縮小する場合は、鼻翼縮小の内側法が最適です。

 

【内側法】

この方法は、鼻の穴の内側を数㎜切開して余分な皮膚を切除した後に縫合するというもの。

出典:高須クリニック

 

内側法では、鼻の穴が大きいけど小鼻は横に広がっていないという人に向いており、施術後は鼻の穴を小さくすることが出来ます

鼻の穴の内側を切開するので傷跡は目立ちませんが、「もっと鼻の穴を小さくしたい」と欲張って必要以上に皮膚を切り取ると、小鼻の丸みがなく縦長の鼻の穴になるので不自然な印象に。

 

また、内側法は多少あともどりすることがあるので、より効果を持続させたい場合はフラップ法を試しましょう。

 

内側法のリスク

  • 欲張って必要以上に皮膚を切ることで、コンセントの差し込み口のような不自然な鼻の穴になる
  • あともどりの可能性がある

 

【フラップ法】

内側と同じように鼻の穴の中の皮膚を切開しますが、完全に切り取らずに置いておき、鼻の根元部分にトンネルを作った所に左右の皮弁を通して縫合します。

出典:Men’s Treatment

傷が治癒していく過程で、トンネルに通した左右の皮弁が癒着するので内側法よりもあともどりが少なく、効果を維持できるのが特徴。

 

耳介軟骨移植を行う

耳介軟骨移植は、耳の軟骨を切り取り鼻先に移植する整形方法です。

団子鼻の人が耳介軟骨移植を行うことで、鼻先が出て鼻尖が細くシュッとします

 

鼻先に移植する場合は、斜め上方向・斜め下方向・前方と調整できるので仕上がりの形を自分好みに調整可能。

 

<斜め上方向>

鼻先がツンとしたアップノーズ気味の鼻になりたい方に向いています。

出典:高須クリニック

 

<斜め下方向>

鼻の穴が正面から目立たなくなるので、ブタ鼻の方にオススメ。

出典:高須クリニック

 

<前方方向>

鼻の高さを出したい人は、前方方向に移植すると良いでしょう。

出典:高須クリニック

 

耳介軟骨移植は単体で行っても効果が出にくいことがあるので、鼻尖縮小など他の整形手術の補助的な施術とすることが多いです。

また、鼻の穴の形を変えるというよりは鼻先に高さを出して調整します。

 

耳介軟骨移植のリスク

  • 軟骨の角が浮いてきて皮膚から透けて見えることがある
  • 移植した軟骨がズレてしまう
  • 鼻尖軟骨の強度が弱い場合は、その上に耳介軟骨を移植しても鼻先が沈み込み効果が出ないことがある

 

小鼻部分の形を整形する方法と効果

団子鼻の方は、鼻翼と呼ばれる小鼻部分が左右に広がっており正面から見ると横に鼻が大きく見えます。

これを解消するためには、小鼻部分の形を変える整形がオススメです。

 

スポンサーリンク

 

小鼻の縮小をする

先ほど紹介した小鼻を縮小する整形方法の鼻翼縮小は内側法でしたが、小鼻の形を変えるなら外側法が向いています

 

【外側法】

小鼻の外側の溝に沿って切開して、余分な皮膚や皮下組織を切除して縫合する方法。

出典:高須クリニック

 

外側を切開するので、鼻の穴の形はほとんど変わりませんが横に広がっていた小鼻が小さくなります

傷は目立たない場所になりますが、欲張って皮膚をたくさん切除してしまうと傷跡が上の方まで伸びてしまい、目立ちやすくなるので注意が必要です。

 

外側法のリスク

  • 小鼻の溝は上に行くほど浅くなっているので、多くの皮膚を切り取ると傷が目立ちやすくなる

 

鼻の穴の内側部分を整形する方法と効果

外からの整形ではなく、鼻の穴の内側部分を整形すれば傷跡が目立つことがほとんどありません。

できるだけ傷跡を残したくない場合は、鼻の穴の内側を切開する方法を選びましょう。

 

鼻尖を縮小する

最初に紹介した鼻尖縮小はメスを使用しない方法でしたが、ここでオススメする整形は鼻の穴の中を切開して行う鼻尖縮小術

両側の鼻の穴の中を切開して余分な脂肪や皮下組織を取り除いた後、左右に広がっている鼻翼軟骨を糸で縛ります。

出典:高須クリニック

こうすることで左右に広がっていた鼻の穴も引き寄せられて小さくなりますよ。

 

また、この術式では様々なタイプの団子鼻に対応可能です。

鼻翼軟骨が大きい・鼻翼軟骨が離れている・脂肪が多いなどで団子鼻になっている場合には、鼻尖縮小術を行うことで鼻先を細くする効果が期待できるでしょう。

 

鼻尖縮小術のリスク

  • 鼻翼軟骨を中央に寄せた際に、鼻先の皮膚が余り横から見ると丸く盛り上がった形のパロットノーズになることがある

出典:高須クリニック

 

もしパロットノーズになってしまった場合は、切開して盛り上がった皮膚を切り取れば良いのですが傷跡が残る可能性があります。

施術前に良く医師と相談してから決めるようにしましょう。

 

耳介軟骨移植をする

鼻尖縮小術と同時に行うことが多い耳介軟骨移植。

出典:水の森美容外科

 

上で紹介した耳介軟骨移植と同じで、鼻の穴の中から切開して行う方法です。

 

まとめ

  • 鼻の穴の形を変えるためには、鼻尖縮小や鼻翼縮小を行うと効果的
  • 耳介軟骨移植は単体で行うよりも、鼻尖縮小など他の施術と行うことが多い
  • どの施術方法も少なからずリスクがあるので、受ける前にしっかりとカウンセリングを受けよう

 

上向きの鼻や団子鼻、鼻の穴を小さくしたいなど、自分の穴の形を変えたいと思う人は鼻先の整形をすれば自分の理想に近づくことができます。

もちろんやり過ぎはリスクが伴い、不自然な鼻の穴の形になりかねないので医師とよく相談した上での施術が望ましいでしょう。

 

スポンサーリンク