鼻筋はシュッと細くなっていると、鼻が高くバランスが良く見えますよね。

逆に鼻筋が太いと鼻自体が大きく見えてしまい、コンプレックスに感じることも。

 

鼻の形を確実に変えるには、美容整形が一番早くて効果的です。

しかし、「そこまではやりたくない」「整形は怖い」という人は、普段のメイクにちょっとしたコツをプラスするだけで簡単に変身できちゃいます。

 

「ノーズシャドウとハイライト」聞いたことがあると思いますが、この2点をメイクに取り入れるだけ。

慣れれば、たったの数分で整形並みの鼻筋の変化を楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク

 

鼻筋が太い人のメイク

鼻筋を細く見せようとして、鼻の根元から鼻筋までノーズシャドウを入れていませんか?

鼻を高く見せるためのノーズシャドウの入れ方としては間違っていませんが、上から下まで一直線に引いてしまうと鼻が長くなったように見えて不自然に感じることも。

 

ノーズシャドウを入れる場所は、鼻の形やなりたい鼻筋などによって人それぞれ少しずつ異なります。

コツを掴んで、自分だけの鼻メイクを完成させましょう。

 

ノーズシャドウを入れる

ノーズシャドウは、鼻筋を作るために欠かせないアイテム。

肌の色よりも濃い色を鼻筋に入れることで、影を作り鼻を高く見せることが出来ます。

 

ノーズシャドウ専用のパウダーやスティックタイプの他、アイブロウやアイシャドウで代用も可能です。

 

≪ノーズシャドウの入れ方≫

眉頭から目のくぼみにかけて、目頭のラインまでノーズシャドウを入れます。

出典:i -see

 

鼻筋を細く見せようと、一直線に鼻先まで引くのはNG!

鼻が長く見えて老けた印象になるので、上の写真の矢印の位置くらい(目のライン)までで一度ストップしましょう。

そして、鼻の中間くらいまでノーズシャドウを足していきます。

 

 

特に鼻筋を細く見せたい場合は、徐々にノーズシャドウの幅を狭めるようにしてください。

また、小鼻が広がっている方は下の写真のように影を作ることで、鼻先が小さく見える効果もあります。

出典:HC

 

鼻筋にハイライトを入れる

ハイライト高く広く見せたい位置にいれると光が当たったように見えるので、ノーズシャドウと併用すると最大限に効果を発揮できます。

 

≪ハイライトの入れ方≫

鼻筋を細く見せる際には、細いラインを引くように心がけましょう。

ハイライトを入れる場所は、鼻筋で上から下まで一直線に引いてください。

出典:HC

 

ノーズシャドウとハイライトを使うことで、光と影を使った目の錯覚により鼻筋を細く高く見せることが出来るのです。

 

スポンサーリンク

 

鼻筋が太い人のメイク道具の選び方のコツ

ノーズシャドウとハイライトと言っても、様々な種類や色が販売されているので自分に合ったメイク道具を選ぶのって難しいですよね。

「コレだ!」と思って買っても、いざ使用してみると肌の色味と合わずに化粧ポーチの奥に眠ってしまうことも。

 

そんな失敗をなくすためにも、メイク道具を選ぶ時のポイントを知っておくことが大切です。

しっかりとポイントを抑えてから、購入するようにしましょう。

 

ノーズシャドウは肌より1~2トーン暗めの色

ノーズシャドウを選ぶときは、自分の肌の色よりも1~2トーン暗めの色を選びましょう

それ以上に濃い・暗い色を使用すると、まるで彫刻のような彫りの深さが目立つ鼻になるので注意が必要です。

 

目頭の位置まででノーズシャドウを止める場合は問題ありませんが、鼻の中間~鼻先までどうしてもラインを入れたいという場合は、2トーン暗めの色でも目立ってしまいます。

その際は、1トーン暗めの色までに留めておくようにしましょう。

 

また、ノーズシャドウ専用のものでなくてもアイシャドウアイブロウを代わりに使っても大丈夫!

おすすめはブラウン系のパレット式のアイブロウパウダー

 

【CÉZANNE ノーズ&アイブロウパウダー01 626円】

出典:Amazon

こちらのアイブロウは、鼻にも眉にも使用出来る上にプチプラなので試しに使ってみるのも良いですね。

 

パレットになっているものをノーズシャドウとして使用するときは、色白さん~普通の肌の色の方は一番薄い色を入れましょう

物足りなさを感じたら、鏡を見ながら中間色を足していくと濃くなりすぎないですよ。

 

赤やオレンジ系のノーズシャドウは避ける

ノーズシャドウとして販売されている商品は、赤系やオレンジっぽい色が多いです。

しかし、赤系の色をノーズシャドウに使用するとメリハリのある顔立ちになり、いかにも描いてますといった雰囲気に。

 

オレンジ赤系のノーズシャドウよりも、グレーがかった色味を選ぶと肌に自然に馴染みます

一番無難なのはブラウン系!仕上がりも自然なので、ノーズシャドウ初心者さんはブラウンのシャドウから始めましょう。

 

また、アイシャドウを代用品として使用する場合はラメやパールの入ったものはNG

影がキラキラしていると不自然ですし、光が当たって見えるのでノーズシャドウとは逆効果になってしまうので注意してくださいね。

 

リキッドファンデーションをハイライトとして使う

簡単なハイライトの入れ方は、パウダー状のものをブラシにとって鼻筋をスーッとなぞること

太さも調整できるので、初心者さんにもオススメです。

 

しかし、より自然に鼻筋を細く・高く見せたいならリキッドファンデーションを使いましょう

自分の肌色よりも1トーン明るい色で、パールなどキラキラしたものが入っていないリキッドファンデーションが向いています。

 

リキッドファンデーションは、少量でも良く伸びるタイプの商品が多いので塗りすぎには注意しましょう。

鼻だけが強調されず、ナチュラルな立体感に仕上がるので一度挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

  • 鼻筋が太い人は、ノーズシャドウとハイライトを併用すれば細く見せることができる
  • ノーズシャドウは鼻先まで入れると、鼻が長く見えるので目の下までで止めよう
  • 上から下へ、徐々に幅が狭くなるようにノーズシャドウを入れると鼻筋が細く見える
  • ハイライトは鼻筋に沿って細く入れることがポイント
  • 不自然にならないように、1~2トーン暗めのノーズシャドウを選ぼう
  • 赤系・オレンジ系・パールやラメの入ったノーズシャドウは避けるべき
  • より自然に見せたいなら、ハイライトの代用としてリキッドファンデーションを使おう

 

人それぞれ、鼻の形って違いますよね?
だから、メイクも自分に合ったメイクを自分自身で見つけなければいけません。

ネットや人のメイクを参考にしながら、少しずつ自分流に変化させてノーズシャドウとハイライトを使いこなしましょう。

スポンサーリンク