しっかりと洗顔を行い顔パックもしているのに、一向になくならない毛穴の黒ずみに頭を抱えていませんか?

毛穴の黒ずみと言っても、角栓や汚れが詰まっているだけではありません。

他にも、毛穴の開きやたるみが原因で黒く見えていることもあるので、通常の洗顔では落としきれないのです。

 

そこで効果があると言われているのがケミカルピーリング。

ニキビを改善する施術といったイメージがありますが、回数を重ねることで毛穴の悩みにも効果を発揮します。

どのくらい通えば効果が現れるのか、またケミカルピーリングがどのように毛穴にアプローチするのか詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ケミカルピーリングが毛穴の黒ずみに効果的な理由

 

毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった角栓が酸化したことが原因

出典:kuriru

この角栓は、皮脂や汚れ・メイクなどが毛穴に残ったことによって出来るものだと思っていませんか?

 

もちろん皮脂などの油分は含まれていますが、その割合は30%ほど。

残りの70%は、ターンオーバーによって排出されるはずの古い角質=ケラチンと呼ばれるタンパク質から出来ています。

 

通常、この角栓は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるのですが、様々な要因が加わると肌サイクルが乱れて毛穴に残ったままになってしまうのです。

 

【ターンオーバーが乱れる原因】

  • 加齢
  • 紫外線
  • 過剰な洗顔
  • 毛穴パック
  • ツメや指で無理に角栓を取る

 

ケミカルピーリングには肌のターンオーバーを整える作用があるので、古くなった角質が剥がれやすくなり、同時に角栓も毛穴から自然に取れるので効果的だと言えるでしょう。

皮脂の分泌を抑える効果がある

ケミカルピーリングには、皮脂の分泌を抑える効果もあります

皮脂が多く分泌され続けると毛穴が開きっぱなしの状態になるので、メイクや汚れなどが入りやすくなり毛穴が詰まる原因に。

 

これが酸化すると毛穴が黒ずんでしまうので、皮脂を抑えることで改善することができますよ。

コラーゲンを増加させる効果がある

実は、毛穴の黒ずみの原因は角栓だけではありません。

角栓が原因だと思い込んで、過剰に洗顔をしたり毛穴パックなどを頻繁にしていませんか?

その刺激によって、肌が防衛反応を起こしメラニンが生成されるので色素沈着を起こすことがあります

 

そして、色素沈着を起こした毛穴が開いたままになっていると、角栓がなくても黒ずんで見えてしまうのです。

この毛穴の開きは、先ほど話した皮脂の過剰な分泌の他、肌のハリを保っているコラーゲンが減っていくことも原因

肌の弾力は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンによって保たれている訳ですが、減少すると肌だけでなく毛穴も重力に逆らえずにたるむので開きっぱなしになります。

出典:毛穴の開きや黒ずみの原因と引き締め改善レーザー治療

 

ケミカルピーリングでは、角質層だけでなく肌の奥にある真皮層にまで酸が浸透するため、軽い炎症を起こした状態に。

炎症や傷などを治癒させようとコラーゲンが生成されるので、ケミカルピーリングを行うことで肌のハリを蘇らせることができますよ。

 

毛穴を引き締める効果がある

コラーゲン生成が促進されるので、たるんでいた肌が弾力を取り戻し毛穴が引き締まってきます

「たるみ毛穴」は影を作るため、黒く見えてしまうことが。

 

毛穴を引き締める効果・古い角質を剥がして肌のターンオーバーを正常化させるケミカルピーリングで、黒ずみのない毛穴を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ケミカルピーリングで毛穴の黒ずみ治療をする期間

毛穴の黒ずみを改善することのできるケミカルピーリングですが、一度きりの施術では思うような効果が現れることは少ないです。

最初の施術から強い濃度の薬剤を使用することはありません。

少しずつ角質を剥がしていくので、毛穴の黒ずみを解消するには日数を開けて何度か施術を受ける必要があります

 

では、実際にはどのくらいの回数ケミカルピーリングを受ければ改善されるのでしょうか?

 

月2回程度で計5~6回程度

ケミカルピーリングには、いくつか種類があり1回治療してから次の施術までの期間も違ってきます。

  • グリコール酸・・月2回
  • サリチル酸マクロゴール・・月1回
  • 乳酸・・2~3週間に1回

 

この中でも毛穴の黒ずみに効果があるのは、グリコール酸での施術。

グリコール酸は分子量が小さいため、肌の内部にある真皮層にまで浸透してコラーゲンやエラスチンの生成を促進させます

 

2週間に1回程度を目安に、5~6回施術をすることで少しずつ毛穴の黒ずみが改善されていきますよ。

1回あたりの治療時間は約30分

効果が現れるまでには5回ほどのケミカルピーリングを受けなければいけないので、忙しい方は面倒に感じるかもしれませんが、1回の施術時間は30分程と短いです。

 

【治療の流れ】

  1.  洗顔やクレンジングでメイクや皮脂を落とす。
  2. 肌に合った濃度のピーリング剤を、ハケなどを使用して顔全体に塗布します。
  3. そのままの状態で数分~10分程度、肌に浸透するまで待つ。
    どこまで浸透させるかによって中和するまでの時間は異なります。
  4. 赤みやピリピリとした痛みを強く感じた場所から、中和剤を塗っていく。
  5. 中和剤を塗り終わったら丁寧に拭き取り、ローションパックなどを使用して保湿をする。

 

 
中和剤を拭き取った後に、オプションでイオン導入を行うクリニックもあります。

ケミカルピーリング後のお肌はリセットされているので、有効成分が浸透しやすくなっておりオススメですよ。

 

ケミカルピーリングでの毛穴の黒ずみ治療は5千円~1万円

グリコール酸を使用したケミカルピーリングは、保険が適用されないため1回当たり5千円~1万円程度となっています。

一例として下の表にまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

品川スキンクリニック 1回 5,500円
城本クリニック 1回 7000円
なでしこ皮膚科クリニック(千葉) 1回+イオン 9,300円
美容皮膚科エルムクリニック 1回 5,400円
6回 27,000円
しんおおさかクリニック 1回 9,000円

 

クリニックによっては1回当たりの料金がお得になるコースも用意されているので、上手く利用しましょう。

 

まとめ

  • 毛穴の黒ずみは、角栓の酸化だけではなく「開いた毛穴」や「たるみ毛穴」に色素沈着したことも原因の一つ
  • ケミカルピーリングは角質を剥がして黒ずみを除去する
  • 真皮層にまでピーリング剤が届くことで、コラーゲンが増殖して毛穴が引き締まる
  • 2週間に1度、5~6回ほど施術を行うと毛穴の黒ずみが改善される
  • 1回当たり5千円~1万円ですが、コース料金の方がお得なので用意されていれば利用しよう

 

古くなった角質=角栓を剥がすだけではなく、色素沈着を起こしてしまった毛穴の黒ずみにも効果があるケミカルピーリング。

クリニックでは、一人ひとりに最適な濃度・放置時間で治療を行ってくれます。

何度か通う必要はありますが、セルフケアで出来ないことはプロに任せて毛穴美人を目指しましょう。

 

スポンサーリンク