もうとっくに思春期なんて終わっているはずなのに、なぜか30代からでき始めたあごニキビ。

しっかり洗顔しても、良くなるどころか悪化してきてどうしたら良いのか分からなくなっていませんか?

実はそのスキンケア自体が、肌に負担をかけてニキビを悪化させているかもしれません。

 

私も10代の頃はニキビとは無縁だったのに、20代~30代にかけて「大人ニキビ」というものに悩まされた一人。

今考えれば、多くの対処法が全てニキビを酷くさせる原因だったような気がします。

30代からできるあごニキビの原因について理解して、しっかりと対処していきましょう。
 

スポンサーリンク

 

30代のあごニキビの原因

10代でできる思春期ニキビと、30代からできはじめる大人ニキビ原因は全く違うと言っても過言ではありません。

思春期の頃にできるニキビは、皮脂の多いTゾーンに多く見られます。

これは、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖して炎症を起こすというもの。

 

しかし、30代を過ぎてニキビができる場所は、Uゾーンと呼ばれるあごやフェイスラインが最も多いのです。

このUゾーンは、Tゾーンに比べると皮脂が少なく乾燥する場所


出典:セルフドクターネットプラス

 

どうして皮脂が少ないのにニキビができてしまうのか不思議ですよね。

そのメカニズムは、皮脂が少ないと天然の皮脂膜が上手く作れないところにあります

 

この皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまいます。そして、水分のなくなった角質は古く硬くなり、毛穴もだんだんと細く弱くなっていきます。このように細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。つまり、乾燥ニキビができる原因は、脂性肌にできるニキビと変わらず、皮脂がつまってしまうことにあったのです。

引用:スキンケア大学

 

皮脂が詰まることでニキビができるメカニズムは一緒ですが、その理由は少し違うということが分かります。

では、どういったことが原因で乾燥が起こり、あごニキビができてしまうのでしょうか。

 

ストレスを感じている

現代社会において誰もが抱えているストレス

特に30代にもなると、仕事が忙しくなったり結婚・出産・子育てなど生活スタイルが大きく変わっていきます

気付かない間に少しずつ溜まってくるストレスは、間接的にニキビができる原因になるのです。

 

また、ストレスが原因で暴飲暴食を繰り返したり、忙しいからと食事が偏ると胃腸の働きが悪くなります

胃腸の機能が下がってしまうと、消化不良が起こり栄養が吸収されにくい状態に。

栄養不足は肌のターンオーバーを妨げる原因になるので、直接的では無いにしろストレスはあごニキビができる原因になるのです。

 

ホルモンバランスが乱れている

先ほどお話ししたようなストレスや妊娠・出産などでホルモンバランスが乱れてしまうと、肌のターンオーバーが正常に作用しません。

ターンオーバーが上手く行われないと、肌のバリア機能が低下して皮脂の分泌がコントロール出来なくなるでしょう

 

そうすると、ただでさえ乾燥気味なUゾーンが皮脂の分泌量が減ることで、さらに乾燥してあごニキビができやすくなります。

逆に分泌量が増えれば、毛穴に皮脂が詰まり同じくニキビの原因になってしまうのです。

 

年齢により肌バリア効果が落ちている

年齢を重ねると、どうしても10代~20代の頃と比べると肌のバリア効果が落ちてきてしまいます


出典:ニキビ改善プロジェクト公式

 

図のようにバリア機能が低下すると、肌の中の水分が奪われ乾燥してしまうのです。

あごニキビの原因となる乾燥を引き起こす、加齢に伴うバリア機能の低下は仕方ないものですが保湿を心がけることで対応できるでしょう。
 

スポンサーリンク

 

30代のあごニキビ改善方法

30代から突然現れ始めるあごニキビの原因は乾燥で、その要因はストレスやホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアです。

できてしまったニキビを放っておいても良くなることはないので、正しい対処法でニキビを改善していきましょう。

 

ストレス解消をする

ストレスが蓄積する→ ホルモンバランスが乱れる→

肌のターンオーバーが上手く出来なくなる→ 乾燥→ あごニキビができる

 

このようなサイクルの一番元になっているストレスを解消しないと、いつまで経ってもニキビは改善されません。

 

まずは自分のストレスが何なのか、しっかりと把握することが大切。

ストレスが分かれば、それを取り除けば良いのですから対処もできますよね。

また、自分なりのストレス解消法も見つけておき、ストレスを溜め込まないようにしましょう

 

生活習慣を整える

偏った食事や睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れる原因になるので、あごニキビがなかなか治らない方は生活習慣を見直す必要があります。

暴飲暴食は避け、栄養が偏らないように食事を取るように心がけてください。

特に皮脂の分泌量を減らすとされるビタミンB2・B6、女性ホルモンのバランスを整える働きを持つ大豆イソフラボンを含んだ食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

多く含まれる食材一覧

ビタミンB2 うなぎ・レバー・鶏卵・納豆
ビタミンB6 レバー・まぐろ・カツオ
大豆イソフラボン 納豆・豆乳・豆腐

 

睡眠不足を解消するのは、忙しい毎日の中では難しいかもしれません。

しかし、週末だけでもゆっくり体を休めたり、睡眠時間を多く摂ることができないなら質の良い睡眠を摂りましょう。

 

質の良い睡眠をとるために出来ること

  • 夜10時以降はパソコンやスマホなど見るのをやめる
  • 夕方以降カフェインを摂取するのを控える
  • 就寝3時間前までに飲酒を切り上げる
  • 食事は寝る2時間前までに済ませる
  • 熱いお風呂に入らない
  • 寝る前は激しい運動は避ける
  • ストレスを溜めない

いきなり全てのことを実践するのは難しいですよね。

自分の出来ることから始めて、少しずつ生活習慣を整えていきましょう

 

正しいスキンケアをする

ニキビができる原因は過剰な皮脂の分泌が原因だと思い込み、クレンジングや洗顔を1日に何度も行っていませんか?

洗顔をこまめに行い解消するニキビは、思春期にできるものだけ。

30代からできるあごニキビは洗顔のしすぎで肌に負担がかかり、逆に乾燥してニキビを悪化させてしまいます。

 

そうならない為にも保湿はしっかりとしてください

また、クレンジングは使用している化粧品に合ったものを選びます。

例えば、ウォータープルーフのマスカラやアイラインを使っている場合は、それ専用のものでクレンジングをしてくださいね。

そうでないと、中々メイクが落ちなくてゴシゴシと擦ってしまう原因になることも。

肌に負担を掛けないで保湿を心がけ、ニキビの無いストレスフリーの肌を目指しましょう。

 

まとめ

 

・あごニキビの原因は乾燥

・乾燥する理由はストレス・ホルモンバランスの乱れ・バリア機能の低下

・ストレスを溜めない生活を送る

・バランスの摂れた食事と質の良い睡眠を心がける

・たっぷりと保湿を行う

 

30代からできるあごニキビは、思春期の頃と同じように対処しても改善されません。

肌の乾燥を防ぎ、その原因になるストレスや生活習慣を今から見直していきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク