おでこに出来たニキビ、洗顔をきちんとしているのに改善されないということが良くあります。

「吹き出物」と呼ばれる大人ニキビは、10代の頃に出来るニキビとは違って清潔にしていれば治るというものではありません。

特に30代の女性に出来るおでこニキビは、複雑な要因が絡み合って悪化しがち。

 

洗顔のしすぎが原因ということもあるので、あなたのニキビケアはもしかすると間違っているかもしれません。

おでこにできるニキビの要因を一つずつ解明していき、今すぐ正しいケアを始めましょう。
 

スポンサーリンク

 

30代のおでこニキビの原因

10代の頃に出来るニキビは「思春期ニキビ」と言われ、過剰な皮脂の分泌が原因。

一方、30代でおでこに現れる「大人ニキビ」はそんな単純なものじゃなく、様々な要因が重なってできるものです

 

しかし、そんなに難しく考える必要はありません。

30代のおでこニキビは、毎日の生活習慣や食事を少し見直すだけで改善されることが多いです。

どのような原因があるのか詳しく見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

ニキビが出来る原因として、ホルモンバランスが大きく関係しています。

実は、美肌ホルモンと言われる女性ホルモンの一つ「エストロゲン」は、30歳前後をピークに徐々に減っていってしまうのです。

出典:プレ更年期って更年期の大事な準備期間

 

【エストロゲンの働き】

  • コラーゲン生成を促進
  • 肌の水分量を増やす
  • 皮膚を外部の刺激から守る

 

30代女性は、結婚・妊娠・出産・子育て・仕事といった人生の転機とも言える時期。

毎日の生活の中で、少なからず誰もがストレスを抱えていることでしょう。

 

知らず知らずのうちに溜め込んだストレスが原因でホルモンバランスが乱れると、肌の代謝機能が低下して乾燥しやすくなります。

後で詳しく説明しますが、肌が乾燥するとニキビができやすい環境になるのでNGです。

 

また、女性は生理周期によってホルモンの量が大きく変化します。

出典:侯鍼灸院

エストロゲンは先ほど説明した「美肌ホルモン」、そしてプロゲステロンは妊娠を維持するには必要不可欠なホルモンですが、お肌にとっては少し厄介。

 

【プロゲステロンの働き】

  • 皮脂分泌量の増加
  • メラニン生成を活発にする
  • 体内に水分を溜め込み、むくみや便秘の原因に

 

生理前はプロゲステロンの量が増える一方でエストロゲンが減少するため、肌の保湿力が無いときに皮脂が多く分泌されるのでニキビが出来やすくなります

このように大人ニキビはは、ホルモンバランスの乱れの影響が強いと言えますね。

 

食生活の乱れ

忙しいからと、ファーストフードやバランスを考えずに食事を摂っていませんか?

脂質の多い揚げ物や、糖質の多いケーキやチョコレートなどを摂りすぎると皮脂の分泌量が多くなって毛穴が詰まる原因に。

 

また、ダイエットで極端な食事制限をしていると、栄養不足で女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、体内のビタミンやミネラルを壊してしまうので肌のターンオーバーが乱れてしまうので摂りすぎには注意しましょう。

 

髪の毛やシャンプーによる刺激

おでこは、前髪の刺激やシャンプーのすすぎ残しによってニキビが出来やすく悪化しやすい場所

髪の毛はスプレーやワックスなどの整髪料だけでなく、ホコリなどが付着していて思っているよりも汚れています。

汚れた髪がおでこニキビを刺激すると、炎症を起こして治りにくくなってしまうのです。

 

また、多くのシャンプーの洗浄成分には界面活性剤が含まれており、これが肌に残っていると本来肌に必要な皮脂を取ってしまうので乾燥した状態に。

特に、髪の生え際やこめかみはすすぎ残しやすい場所なので気を付けましょう。

 

肌の乾燥

ニキビができる原因は皮脂の分泌量が多いことだと思って、1日に何回も洗顔をしていると悪化することがあります。

実は、30代のおでこニキビは過剰な皮脂の分泌よりも、乾燥が原因のことの方が多いからです。

 

肌が乾燥をすると、それを防ごうと皮脂を分泌させようという作用が働きます。

しかし、乾燥によって毛穴が小さくなっているので皮脂が詰まりやすくなるのです。
 

スポンサーリンク

 

30代のおでこニキビの治し方

30代のおでこニキビの原因が分かれば、それを取り除くことでニキビは改善されます。

ちょっと気を付ければ良いことばかりなので、出来ることから実践してみてくださいね。

 

規則正しい生活をする

睡眠不足や暴飲暴食など不規則な生活は、ホルモンバランスが乱れる原因の一つです。

睡眠時に最も多く分泌される成長ホルモンは肌のターンオーバーを促すので、しっかりと質の良い睡眠をとることが大切

 

 

【質の良い睡眠をとる方法】

  • 寝る前にスマホやパソコンを見ない
  • 日中、適度な運動をする
  • ぬるめのお風呂に入る
  • 食事は寝る3時間前までに済ませる
  • 寝る前にアルコールは摂らない

 

質の良い睡眠やバランスの良い食事を摂って、規則正しい生活を心がけましょう。

 

バランスの良い食生活をする

皮脂分泌を促す脂質や糖質の食べ物を控えることはもちろんですが、ホルモンバランスを整える働きのある食材を意識して食べるようにしましょう。

女性ホルモンのエストロゲンは、主にタンパク質から作られるので動物性と植物性のものをバランス良く摂取すると良いですね。

また、タンパク質を分解して体内に吸収しやすくする作用を持っているのは、ビタミンB6

同時に摂取することで効率良くタンパク質を届けられる他、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

ビタミンB6・・・牛レバー・鶏ささみ・鶏胸肉・かつお・まぐろ・納豆・にんにくなど

タンパク質自体にビタミンB6が多く含まれているレバーや鶏肉・納豆などを食べるようにすると、手間が省けてオススメです。

 

また、エストロゲンと似た働きをすることで知られるイソフラボンは、豆腐・納豆・豆乳など大豆製品に良く含まれます。

生理前におでこニキビができやすくなる方は、積極的に摂るようにしましょう。

 

しかしながら、ビタミンばかり摂っても体によくないので、大切なのはバランスよく栄養を摂ることです。

暴飲暴食・過剰なダイエットはニキビを悪化させる原因になるので、意識的にこれらの栄養が豊富な食材を取り入れていきましょう

 

丁寧に洗顔する

ここで言う丁寧な洗顔とは、1日に何度も顔を洗うことではありません。

過剰な洗顔は必要な皮脂までも取り去ってしまうので、ニキビが出来ているときは朝・晩の1日2回までにしましょう。

また、シャンプーのすすぎ残しはニキビが悪化しやすくなるため、シャンプーをしてから洗顔をしてくださいね。

 

クレンジング剤は、オイルタイプのものよりも刺激の弱いクリームの方がオススメ。

オイルタイプのクレンジング剤は、洗い流したとしてもたくさんの油分が角質層に残りがちです。

 

洗顔時、熱いお湯で洗うと肌にとって必要な潤いまでも一緒に流してしまうので、ぬるま湯でゴシゴシ擦らず優しく撫でるように洗いましょう。

洗顔料は必ず泡立ててから、顔を洗うようにしてくださいね。

そうすることで、泡がクッション代わりになって肌への刺激が最小限に抑えられます。

 

前髪を上げるヘアスタイルをする

髪の毛は汚れや細菌・整髪料などが付着しているため、決してキレイな状態ではありません。

おでこに出来てしまったニキビに触れないように、前髪は上げるようなヘアスタイルを考えましょう。

 

ずっと前髪を下ろしているとアップにするのに抵抗を感じるかもしれませんが、前髪を上げると大人っぽく華やかな印象になりますよ。

出典:愛され女子のヘアカタログ

出典:All Abouto Beauty  

 

十分な保湿をする

乾燥はお肌の大敵。

肌のバリア機能が低下して毛穴が小さくなるので、少しの皮脂でも詰まりやすくなってしまいます。

更に外部からの刺激も受けやすく、おでこにシャンプーのすすぎ残しや前髪が当たると潤っているときよりもニキビが悪化しやすい状態に。

 

生理前のエストロゲンが減少している時期は特に、保湿を心がけるようにしてくださいね。

洗顔後は放置しているとお肌の水分がどんどん失われていくので、すぐに化粧水や乳液などで乾燥を防ぎましょう。

 

まとめ

 

・30代のおでこニキビは女性ホルモンが大きく関わっている

・脂質や糖質の多い食事は控える

・エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取しよう

・こめかみや生え際はシャンプーのすすぎ残しが多いので入念に

・前髪を上げてニキビの悪化を防ごう

・洗顔後は保湿を心がけよう

 

 

女性ホルモンの乱れによって引き起こされる、30代のおでこニキビはバランスの良い食事をすることで少しずつ改善されます。

もちろん外部から刺激を受けないようにすることや保湿も大切なので、内側からも外側からもアプローチしてニキビを治していきましょう。

 

スポンサーリンク