メスを使わず注射だけで、脂肪を簡単に減らせるとして人気のあるメソセラピー。

脂肪吸引とは違ってダウンタイムや副作用も少ないので、受けてみたいと考えている方も多いはず。

 

しかし、施術した人の中には思うような効果が現れなくて「失敗なのでは?」と悩んでいることも。

メソセラピーは脂肪吸引とは違い、1回の治療で目に見えるような効果が現れることは少ないです。

では、具体的に治療をしてからどのくらいで効果が出てくるのか、まとめていきましょう。

 

メソセラピーは期間を空けて繰り返すことで効果が出る

脂肪溶解注射とも呼ばれるメソセラピーは、皮下脂肪が気になる箇所に注射をするだけで脂肪を減らすことが出来ます。

まずは、メソセラピーがどのように脂肪に働きかけるのか見ていきましょう。

出典:神戸メルクリニック

 

通常のダイエットでは脂肪細胞の大きさが小さくなるだけで、脂肪細胞の数自体は変化しません。

一方で、メソセラピーは薬剤を注入するとその部位の脂肪細胞が溶解しますが、溶けた脂肪はしばらくその場所に留まります。

1~2ヶ月ほどかけて徐々に老廃物となって排出されるため、メソセラピーを受けてすぐに細くはならないのです。

 

思うような結果を出したいなら、部位や脂肪の量によっても異なりますが、2週間ほどの間隔を空けて複数回治療を繰り返す必要があります。

あまりに間隔を空けないで注射をしてしまうと、溶けた脂肪の多くがまだその場所に残っているため、脂肪を減らしたい部位を狙い撃ちして注射が出来ません。

また、浮腫が増大してしまうのでクリニックでは1~2週間間隔としている所がほとんどです。

 

それなら、何回も通って治療をするのが面倒だし一気に脂肪を減らしたい!腕も脚もお腹にもたくさん注射をして欲しい!

と、思っている方もいるでしょうがそれはNG

なぜなら1回の治療でメソセラピーが出来る範囲は、「両手の手のひらの大きさまで」となるからです。

 

血中に溶け出した中性脂肪が、健康上問題のない範囲とされているのがこの量なので、これ以上の範囲の脂肪を減らしたいのなら間隔を空けて治療しましょう。

全く違う部位のメソセラピーを連続して受けたい場合は、3日程空ければ可能です。

 

メソセラピーは1回の治療では効果は出ない

メソセラピーは1回の治療だけでは、目に見える効果が出ることは少ないでしょう。

もちろん薬剤を注射することによって、脂肪が溶かされ確実に量は減っています。

しかし、脂肪がたくさん付いている部位や、もともと皮下脂肪が多い方などは回数を重ねなければなりません

 

  • 顔・・・1~3回
  • 二の腕、ふくらはぎ・・・4~6回
  • 太もも、お腹・・・6回以上

このように比較的脂肪が少ない顔へのメソセラピーは、1回で効果が現れる人もいます

しかし、太ももやお腹といった範囲が広く脂肪が付きやすい部位は、4回目辺りから徐々に効果が出始めるでしょう。

6回ほどで細くなったと実感できる方が多いですが、脂肪が多い人ではもう少し注射をしないといけないこともあります。

メソセラピーの効果は、個人差が大きいということになりますね。

また、クリニックでは通常料金よりもお得な1クールでの料金設定をしている所もあるので、しっかりと効果を出したい方は利用してみましょう。

 

メソセラピーは安全性高く副作用のリスク低い

メソセラピーに使用される薬剤の主な成分は、フォスファチジルコリンという大豆に含まれる「レシチン」から作られた成分です。

元は脂肪肝や高脂血症の治療薬として使用されており、FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けた薬剤

安全性も高く、副作用のリスクも低いとされているので安心して治療できるでしょう。

 

しかし、フォスファチジルコリンは大豆成分なので、大豆アレルギーを持っている方は施術できません

クリニックでは、メソセラピーの施術の前にパッチテストを行ってから注射を行うので安心ですね。

 

副作用のリスクが少ないですが、注射後に以下のような症状が現れることがあります。

赤み・内出血・腫れ・筋肉痛のような痛み

 

特に顔は腫れやすいので、施術後は仕事や予定を入れないようにしておきましょう。

どの副作用も数日~10日程で治まりますが、酷い場合や長引く時はクリニックに相談するようにしてください

 

また、あまりに値段が安いメソセラピーでは、主成分のフォスファチジルコリンの純度が低いこともあります。

他の薬剤をブレンドしていると副作用が出やすいので、気を付けましょう。

 

まとめ

 

・メソセラピーで溶け出した脂肪が体外に排出されるまでに1~2ヶ月かかる

・2週間の間隔を空けてメソセラピーを受けよう

・顔なら1~3回、二の腕・ふくらはぎは4~6回、お腹・太ももは6回が目安

・脂肪の量が多い方は、それ以上に回数を重ねなければ効果は出にくい

・メソセラピーに使用されている薬剤はフォスファチジルコリンという大豆由来の成分

・副作用も少なく安全性が高いが、大豆アレルギーの方は施術できない

 

 

手軽に受けられるとして人気のあるメソセラピーですが、1回では効果が現れにくいので何回も注射を受けなければいけません。

細くなってきたと効果を実感できるのが4回目くらいから。

まだ効果を感じられない方は、もう少し回数を重ねてから判断してみましょう。

 

スポンサーリンク