ふくらはぎにボトックス注射をすると、ヒラメ筋と腓腹筋(ひふくきん)に作用して筋肉の収縮が弱まります。

その結果、筋肉で張り出していた『ふくらはぎ』が細くなり美脚を手に入れることができます。

 

ふくらはぎは筋肉が付きやすい場所なのでボトックス注射は有効で、チャレンジしたいという人も多いでしょう。

また、腫れや痛み・内出血などのダウンタイムがほとんど無いのも特徴です。

 

しかし、施術後の過ごし方次第では、効果が思うように現れなかったりダウンタイムが長引くといった事態になりかねません。

ふくらはぎへのボトックス注射をした後に「やってはいけない3つのこと」を知っていますか?

ボトックス注射を受けた人も、これから施術を受けようと思っている方も、これを読んで注射後の過ごし方の参考にしてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

ボトックス注射後ふくらはぎのマッサージは避ける

ボトックス注射は、筋肉を萎縮させたい部位に薬剤を注入することで、その部分の筋肉を動かさないようにする方法
 


 

術後のダウンタイムはほとんどありませんが、稀に痛みや腫れを伴うこともあります。

 

注射をした後は、薬剤が筋肉に馴染むように「マッサージをした方が良いのでは?」と思いませんか?

また、痛みがあるとマッサージをして和らげてしまいたくなる場合もあるでしょう。

 

しかし、ボトックス注射後のマッサージは避けるのがベストです。

その理由は、2つ。

  • マッサージをすることで、腫れや内出血が酷くなる
  • 注入した部位だけではなく、周りに薬剤が広がってしまう

 
2つ目の理由については後で詳しく説明しますね。

 

ボトックス注射後に内出血や腫れが生じている場合、強めのマッサージをすると刺激によって腫れが酷くなることがあります。

早めに腫れを引かせたいのなら、マッサージは控えるようにしてください。

 

では、どのくらいの期間マッサージをしてはいけないのでしょうか?

 

最低でも1週間は控える

クリニックによって、ボトックス注射後のマッサージを控えるように指示される期間は違います。

施術した当日のみNGというクリニックもありますが、注射後の痛みや腫れが出ている間はもちろん、できれば1週間ほどは強いマッサージをしない方が無難です。

 

マッサージによりボトックスが周囲に拡散してしまう

ボトックスは注射した部分のみに薬剤の効果を浸透させることで、効果が高まる施術です。

仮に注入部位をマッサージしてしまうと、せっかくその場所に留まっていた薬剤が周囲に広がってしまい、思うような効果が出ません

 

また、効果が出たとしてもマッサージをしてボトックスが拡散することで、仕上がりが均一にならない場合もあります。

ふくらはぎへのボトックス注射では、周囲に薬剤が広がってしまったとしても大きな副作用が出ることはありません。

 

しかし、顔へのボトックス注射では眼瞼下垂(がんけんかすい)になってしまったとの事例も。

(眼瞼下垂は、まぶたを開ける筋肉が緩みしっかりと目を開くことが出来なくなる症状)

顔は表情筋が複雑に絡み合っているため、マッサージをしてしまうと注入した部分以外の表情筋にも作用してしまうのです。

 

ふくらはぎでは大きな副作用は無いとは言え、しっかりとした効果を出すためにも注射後のマッサージは控えてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎへのボトックス注射後は激しい運動も控える

マッサージだけではなく、ふくらはぎへのボトックス注射後は激しい運動もしない方が良いでしょう。

ボトックス注射後は腫れや内出血は少ない場合がほとんどなので、注射直後から普段通りの生活をしても問題ありません。

 

しかし、筋トレやランニング・エアロビと言った激しい運動はNG

なぜなら、運動をすることで血流が良くなると針を刺した箇所が腫れてきたり、内出血をしてしまうことがあるからです。

もともとダウンタイムの少ないボトックス注射ですが、注射後の過ごし方によっては腫れや内出血を悪化させてしまう事態になりかねません。

 

また、筋肉の収縮が弱まり、注射前と同じ運動をしても疲れやすくなることがあります。

注射後に激しい運動を避けるため、ジムなどに通っている人は予定を調整しておくと良いですね。

 

激しい運動はNGですが、「施術後に歩いて帰る」「帰宅後に家事をする」など普段通りの行動は問題ありません。

ただ、施術当日はヒールなどの靴は不安定になることがありますので、歩きやすい靴を履いて行きましょう

 

ボトックス注射後のふくらはぎを圧迫しないようにする

注射した部位を強く圧迫するのは、マッサージと同様に周囲にボトックスが拡散してしまう可能性があります。

普段からふくらはぎの指圧などをする人は、無意識のうちに圧迫してしまわないように気を付けましょう。

 

また、ふくらはぎ部分をキツく締め付けるような靴下も、控えた方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

  • ふくらはぎのボトックス注射後~1週間ほどは注入部位のマッサージ・激しい運動・圧迫を避ける
  • マッサージをすると周囲に薬剤が広がり、効果が出にくくなる
  • 激しい運動は血流が良くなるため、腫れや内出血が酷くなることがある

 

ボトックス注射は施術後のダウンタイムもほとんど無いですが、注入した部位のマッサージをしてしまうと腫れや内出血のリスクが高まります。

また、薬剤が周囲に広がってしまうことでムラが出来たり効果が出ないことも。

 

優秀な医師によって丁寧な治療をしたのにも関わらず、施術後のケアが正しくないと、せっかくのボトックス注射が無駄になる可能性もありますよね。

しっかりとした効果を出すためにも、クリニックで指定された注意事項は必ず守り「やってはいけない3つのこと」を実践しましょう。

 

スポンサーリンク