ダイエットをしても、思うように細くならないふくらはぎ。

実は筋肉の割合が多いふくらはぎは、運動をすれば逆に太くなるので痩せにくい部位です。

 

そんな筋肉質なふくらはぎに効果があるとされているボトックス注射は、どのくらい効果が持続するのでしょうか?

注射をやめた途端に、元の太さのふくらはぎに戻る…なんて心配がないのか気になるところ。

ふくらはぎのボトックス注射について、詳しく見ていくことにしましょう。
 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎのボトックスは1回では効果が出ない

体のどの部位でも骨・筋肉・脂肪の3つから出来ていますが、その中でもふくらはぎは筋肉の多い部分です。

学生時代に運動をしていた方は特に、腓腹筋(ひふくきん)やヒラメ筋が発達していて太く見えがち。


出典:高須クリニック

ボトックス注射はこの筋肉と神経の結合部に、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種を注入することで、筋肉の動きを抑えるというものです。

 

筋肉質なふくらはぎには効果が出やすい

ふくらはぎが太く見える理由は、皮下脂肪が多い・筋肉量が多い・浮腫んでいる、この3種類のどれかに当てはまるでしょう。

皮下脂肪が多い場合や浮腫が酷くて太く見える方は、ボトックス注射に向いていません。

注射をしたとしても、筋肉にのみ作用するので脂肪や浮腫には効果が無いのです。

 

その点、筋肉が張っていることで太くなっているふくらはぎは、ボトックス注射をするとスラッとした脚を手に入れることができますよ。

 

ボトックス注射の効果を感じるまでには数週間かかる

ボトックス注射はふくらはぎを細くするほかにも、おでこや眉間のしわを目立たなくする効果があります。

筋肉の動きを抑えるので表情筋のしわなら、遅くとも7日とすぐに効果が現れるのですが、ふくらはぎはそういう訳にはいきません。

 

筋肉は使わなければどんどん退化して細くなっていくので、注射後筋肉の動きを抑えてから筋肉が小さくなるまでには少し時間がかかります。

施術をしてから3~4週間ほどで、少しずつ効果を実感できるでしょう。

 

効果を感じるには2、3回打つ必要がある

ふくらはぎのボトックス注射は、1回のみ打つよりも2~3回注射することで効果が高まります

1回の施術で効果を実感できる方もいるようですが、筋肉量の多い方は間隔を空けて3回程度打つと良いでしょう。

湘南美容外科では、3回コースも用意されているので細くなるか不安な方は利用してみてください。

 

【湘南美容外科のふくらはぎのボトックス注射料金】

ボトックス痩身(リジェノックス) 1回 61,560円
3回コース 148,630円
ボトックス痩身(アラガン) 1回 217,080円
3回コース 542,290円

(※上記は税抜き価格です)
 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎのボトックスの持続期間は4ヶ月前後

ふくらはぎにボトックス注射をすると、どのくらいの期間薬剤の効果が持続するのか気になりますよね。

1回の注射での効果はおよそ4ヶ月前後ですが、クリニックの中には6ヶ月としている所もあります。

 

質の悪いボツリヌストキシンや薄めて使用するなどした場合は、さらに効果が短く3ヶ月で元に戻ってしまうことがあるので、あまりに料金が安いところは気を付けましょう。

 

定期的に注射することで効果が高くなる

1回よりも何度か注射をすると、筋肉そのものの働きが弱くなってきて持続期間が段々と長くなってきます

しかし、筋肉は使うと元の大きさに戻ろうとするので、できるだけ筋肉を使わないようにしましょう。

 

ふくらはぎは普段歩くだけでも使う筋肉ですし、エクササイズをしている場合は気を付けなければ元に戻ってしまう可能性が高いです。

逆に言えば、学生時代に運動をして太くなってしまったけど、今は全く運動していない方は元に戻りにくいと言えます。

 

あまりに頻回に注射すると耐性ができることもある

3~4ヶ月に1回くらいのペースなら特に問題ありませんが、3ヶ月以内に何回もボトックス注射をすると薬剤に対しての抗体(中和抗体)ができる可能性があります。

抗体が出来てしまうと、注射を打っても効果が出なくなってしまうので注意が必要です。

 

MERZ社のゼオミンという種類のボツリヌス毒素薬剤は、他の薬剤と比べてタンパク質の含有量が少ないため耐性が出来にくいといった特徴があります。

他の薬剤で耐性が出来てしまったり、頻回に注射したい方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

ゼミオンは、大手の美容外科なら聖心美容外科で取り扱っています。

【聖心美容外科のゼミオンによるボトックス料金】

ゼオミン
(両側で4ccまで)
1回 120,000円
追加注入付プラン
(1ヶ月以内1回)
180,000円

(※上記は税抜き価格です)
 

ボトックス注射する頻度はドクターと相談して決める

4ヶ月前後で薬剤の効果は切れますが、筋肉の付き方によっても違うのでボトックス注射をする頻度には個人差があります

ドクターによっても推奨する頻度が異なりますし、何回か注射をしているなら間隔を空けても効果が持続するのでドクターと相談して決めるのがベストです。

 

また、ボトックスの効果が切れると筋肉は再び発達していきます。

効果が無くなって1ヶ月程すると、元のふくらはぎの太さに戻ってしまうので効果の切れる少し前に注射するのがおすすめ

5~6回程度ボトックス注射を行うと、もう注射をしなくても元に戻らないで効果を維持することができるでしょう。

 

まとめ

 

・筋肉の動きを抑えるボトックス注射は、筋肉質なふくらはぎに向いている

・注射をしてから3~4週間程度で効果を実感し始める

・1回よりも数回注射することで効果が高まる

・ボトックスの効果は4ヶ月前後でなくなる

・個人差があるので、注射の頻度はドクターと相談する

 

1回でもそれなりの効果が出るふくらはぎのボトックス注射ですが、回数を重ねるごとにさらに効果が高まります。

ふくらはぎが太くてスカートを履けなかった人も、ボトックス注射でスラリとした脚を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク