アロマオイルと聞くと、部屋の中で好きな香りを楽しむことをイメージします。

もちろん香りによってリラックスする効果があるのは確かですが、実はアロマの中には育毛にも効果を発揮するものがあるのです。

 

アロマを使って自分好みのシャンプーやヘアオイルを作ることも出来ますし、使用すれば匂いを嗅ぐだけよりも育毛効果が高まるでしょう。

しかし、アロマを使用したことがあれば種類や効能もある程度は分かるでしょうが、初めて使うとなるとサッパリ分かりませんよね?

今回は育毛に効果のあるアロマの紹介と、より効果を高めたい方にシャンプーやヘアオイルの作り方をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

育毛に効果のあるアロマと効能

アロマは、植物などから水蒸気蒸留法や熱水蒸留法によって天然香料を抽出したもの。

育毛に効果があるとされているのは、100%植物などに由来する天然香料でエッセンシャルオイル精油と呼ばれています

 

中には天然香料に植物油やアルコールを加えて希釈したアロマオイルもありますが、こちらは香りを楽しむオイルと考えた方が良いでしょう。

100%天然香料のアロマは、植物からほんの少しの量しか採れないので値段も高くなります

 

では、実際に育毛に効果があるとされるアロマの種類と効能を見ていきましょう。

 

イランイラン

出典:Aroma style

南国に育つ高木で、甘い濃厚な香りが特徴です。

頭皮の環境を整えてくれるので、皮脂の分泌が多い場合は抑制する効果があります。

また、髪の毛の成長を促して丈夫にする作用も。

 

香りが苦手な場合は、グレープフルーツなどの柑橘系と混ぜると爽やかな香りに変化しますよ。

 

カモミールローマン

出典:Aroma style

青リンゴに似たフルーティーな香りが特徴のアロマ。

効果としては、アレルギーや炎症を抑えてかゆみを防ぐことで頭皮環境の改善が期待できます。

 

クラリセージ

出典:Sayu aroma

深いハーブの香りが特徴な、シソ科の植物。

 

主成分は女性ホルモンに似た働きをするスクラレオールで、ホルモンバランスを整える作用があります。

血行を促進させることで、毛根細胞の成長を助ける働きも期待できるでしょう。

また、ホルモンバランスが整うので、皮脂分泌量が調整され抜け毛の防止にも繋がります。

 

グレープフルーツ

出典:グレープフルーツダイエットのススメ

ダイエットにも使われるグレープフルーツは、リラックス効果や皮脂の分泌を抑制する効果があります。

最後でお話する光毒性があるので、注意しなければいけません。

 

サイプレス

出典:自然と健康とアロマのチカラ

ヒノキに似た爽やかな香りがするサイプレスは、皮脂の過剰な分泌を防ぎ毛穴の詰まりを解消します。

女性ホルモンの分泌量を調整する作用や抗菌作用もあるので、育毛にはピッタリのアロマです。

 

サンダルウッド

出典:Sayu aroma

爽やかな甘い香りで、日本ではお香の原料としても使用されているアロマ。

頭皮の殺菌効果や炎症を抑えて、地肌を引き締める効果があります。

 

シダーウッド

出典:Sayu aroma

甘くてドライな香りが特徴のシダーウッドは、皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。

皮脂の多さが原因で脱毛症になっている人に向いているでしょう。

 

ジュニパー

出典:選んだアロマの香りで体調までわかる!?アロマの驚くべき効能とは?

ヒノキ科の植物で、サイプレスと似たヒノキ風呂に入っているような爽やかな香りがします。

皮脂の分泌を抑制して血行促進・抗炎症作用があり、頭皮環境の改善にも効果が期待できるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

育毛効果のあるシャンプーのレシピ

先ほどご紹介したアロマは香りを嗅ぐだけでも効果はありますが、シャンプーやヘアオイルにして使用することで、より育毛効果が高まります。

 

【用意する物】

  • 無添加・無香料のオーガニックシャンプーやアミノ酸シャンプー(200ml)

抜け毛や皮脂の分泌異常など頭皮は敏感になっている状態なので、地肌に刺激の無い優しいシャンプーを選びましょう。

  • ホホバオイル(10ml)

代用として、身近で手に入る椿油やオリーブ油でもOKですし無くても大丈夫です。

保湿や毛穴の汚れを落とす効果があるので、お好みでどうぞ。

  • 自分の好きなアロマ(20滴)
  • アロマを混ぜるための容器(ビーカー・ボウル)
  • シャンプーの空容器(100均で販売されているものでOK)

 

【レシピ】

①ガラスのビーカーやボウルなどの容器に、自分の好みのアロマをブレンドして混ぜておきます。

※1種類しか使用しない場合はこの手順は省いてください。

 

②シャンプーの空容器に使用する分量のシャンプーを入れて、ホホバオイルを混ぜます。

※ホホバオイルを使用しないなら、この手順も飛ばしましょう。

 

③ ②に①のアロマも入れて混ぜます。
※容器を振って混ぜると泡だってしまうので、ガラス棒などで上下に動かして優しく混ぜるのがオススメ。

 

【注意事項】

アロマシャンプーは長期間の保存はオススメしないので、長くても2週間ほどで使い切るようにしましょう。

 

育毛効果のあるヘアオイルのレシピ

【用意する物】

  • ホホバオイルor椿油(10ml)
  • アロマ(2滴)

 

【レシピ】

①使用したいアロマを1滴ずつ混ぜて用意しておきましょう。

②ホホバオイルを手のひらに取り、①でブレンドしたアロマオイルを混ぜます。

③そのまま頭皮をマッサージしましょう。


④マッサージ後、20~30分ほど置いてからシャンプーで洗いしっかりとすすぎます。

 

【注意事項】

アロマは間違っても、原液を頭皮や髪の毛に直接振りかける様なことは絶対にしないで下さい

 

育毛のためにアロマを使う際の注意点

アロマを育毛に使用する場合は、地肌に触れることになるので守らなければいけない注意点があります。

濃度を間違ったり、薄めず使用すると炎症を起こすこともあるので必ず使用方法を守りましょう。

 

肌に合わないものもある

植物由来の天然成分100%で作られているのですが、体質などによってはアレルギー反応を起こすことがあります。

肌に合わない場合も考えられるので、初めてのアロマを使用する時はパッチテストを行いましょう。

 

 

【パッチテストのやり方】

使用するアロマをホホバオイルで1%以下に希釈します。

肘の内側など皮膚の柔らかい場所に1滴垂らして、2時間ほど放置しておきましょう。

何も異常が無ければ問題ありませんが、かゆみや赤みなどの炎症反応が起きた際は。そのアロマの使用は止めて下さいね。

 

 

光毒性を持つものもある

アロマの中には光毒性といった性質を持つ種類があります。

これは、肌に塗布した状態で紫外線に当たると、軽いヤケドなどの炎症やシミが残るというもの。

 

代表的なアロマとして知られているのは、ベルガモット・レモン・グレープフルーツなどが挙げられます。

今回、育毛効果として紹介したアロマの中では唯一グレープフルーツが光毒性なので、外出前などに使用するのは控えましょう

しっかりと洗い流せば問題ありませんので、シャンプーやヘアオイルとして使う場合はすすぎ残しがないように気を付けて下さいね。

 

まとめ

  • アロマの中には育毛に効果が期待できるものもある
  • 自分に合ったアロマを配合して、オリジナルのシャンプーやヘアオイルで育毛効果UP
  • アロマを肌に付ける場合は、必ず1%以下に希釈しましょう
  • 初めて使うアロマは、パッチテストを行いましょう
  • グレープフルーツのアロマは光毒性があるので、塗ったまま紫外線に当たらない

 

香りを楽しむだけでは無く育毛にも効果のあるアロマは、自分の頭皮の悩みに応じてブレンドすることでオリジナルのシャンプーやヘアオイルを作れます。

自分だけの好きなアロマを見つけて、楽しみながら育毛しましょう。

スポンサーリンク