スキンケアを多少怠ったとしても肌トラブルが起きなかった20代とは違い、30代になると誰でも一つは肌の悩みがあるのではないでしょうか?

シミ・しわ・たるみなど本当に悩みは尽きませんが、その中でも老けた印象を与えるほうれい線。

30代の今は、まだくっきりとはしていない「ほうれい線」ですが、そのまま何の対策もしないで放っておくと進行していってしまいます。

 

ほうれい線があると老け顔に、無ければ若々しい顔の印象になるので早めに対処することが大切。

実は、顔のたるみによってできるほうれい線は酷くなる前にケアをすることで、薄くなっていくのです。

記事の最後では、ほうれい線を目立たなくさせるトレーニングも紹介しますので、今からすぐに始めて若々しい顔を手に入れましょう。

 

30代のほうれい線の主な原因は「乾燥」と「肌の弾力の減少」

鼻の両脇から口角にかけて伸びる線をほうれい線と呼びますが、これは頬のたるみが原因によっておこる症状

その主な原因は乾燥」と「肌の弾力の減少」の2つです。

 

【乾燥】

口元の皮膚はもともと薄いので乾燥しやすく、デリケートな部位。

それに加えて、食事の後に口元を拭くなどの要素が重なるとダメージを受けやすくなってしまいます。

 

そして一番厄介なのが、紫外線による光老化(ひかりろうか)で肌の水分が奪われて乾燥肌になってしまうケース。

 

長年にわたって日光にさらされ続けた皮膚が慢性的な紫外線傷害により色素沈着(しみ)やしわを生じる太陽光線による加齢現象。真皮の浅い層の弾性線維が変性を起こして塊として沈着する光線性弾性線維症となり、皮膚の弾力を失ってしわやたるみを生じる。

引用:コトバンク

 

肌が乾燥することで、シワやたるみが生じやすくなりほうれい線へと繋がるのです。

 

【肌の弾力の減少】

肌の弾力を保っているのは、真皮と呼ばれる場所にあるコラーゲンエラスチン

そして、コラーゲンやエラスチンを活性化させるのが線維芽細胞ですが、どれも年齢を重ねると共に減少・変形してしまいます

出典:しわの原因~しわは肌に弾力があるとできにくい!

 

また、表情筋の衰えもほうれい線の原因に。

ほうれい線と関係性が高いのが、口輪筋(こうりんきん)と頬筋(きょうきん)と呼ばれる表情筋です。

出典:小顔マッサージ 頬の肉の落とし方まとめ

 

この二つの筋肉が衰えると頬がたるみ口角が下がるので、ほうれい線が目立ってしまいます

加齢も一つの原因ですが、以下のような場合も表情筋が衰える原因になるので気を付けましょう。

  • 口数が少なくあまりしゃべらない
  • 笑うことが少ない
  • 柔らかい物ばかり好んで食べる

 

普段の生活で表情筋をあまあり使わない人は、意識的に動かすようにするか後で紹介する表情筋トレーニングで鍛えてくださいね。

 

肌のたるみが少ない30代のうちに対策することが大切

先ほどお話しした真皮にあるコラーゲンやエラスチンは、30代を過ぎると減少する傾向にあります

出典:株式会社 シクロケムバイオ

この表からすると、何もしなければ40代を過ぎた頃にはコラーゲンもエラスチンも20代の頃の半分近くにまで減ってしまうため、ほうれい線がくっきりと目立ってくるようになるでしょう。

 

また、肌が老化する原因は年齢を重ねるにつれて様々な要因が絡み合い、複雑化するように。

30代なら簡単な対策やケアをすれば、これから先のたるみやシワの減少につながります。

 

「まだ大丈夫」と放っておかず、今から始められることを日常的に続けていきましょう。

 

おすすめの30代ほうれい線対策

早ければ早いほど良いお肌のケアですが、年齢によって方法も違ってきます。

ここでは、30代の方に向けておすすめのほうれい線ケアを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

 

ケミカル断ちをする

ケミカル断ちとは、外部の刺激から守る役割をしている肌バリア機能を、破壊してしまうような化粧品を使わないこと。

あなたが使用している化粧品も、肌のお手入れをしているつもりが実は肌バリアを壊しているかもしれません。

 

販売されている多くの化粧品に、合成界面活性剤が含まれています。

化粧品の成分表に「合成界面活性剤」とは書かれていないので、以下の成分が記載されている場合は注意しましょう。

 

 

特に気を付けたい石油系合成界面活性剤の一例

  • スルホン酸ナトリウム
  • パレス3-硫酸ナトリウム
  • パレス3-硫酸アンモニウム
  • キシレンスルホン酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム

 

この成分は、肌奥まで水分や栄養を届けるために肌バリアを壊す働きをしているのです。

 

ケアをしている時は肌が潤っているので一時的に満足しているかもしれませんが、その化粧品を使っていないときの肌はとても乾燥した状態に。

これは、肌が本来持っている水分を保持しようとする力がなくなる為です。

 

肌バリアが破壊された状態が長く続いてしまうと、若い年齢からでもたるみによる「ほうれい線」ができる可能性があります。

ケミカル断ちをして、肌本来の強さを取り戻しましょう。

 

表情筋トレーニングをする

表情筋が衰えることが、ほうれい線の原因なので逆に表情筋を鍛えれば良いのです。

ほうれい線を消すには、口周りのエクササイズをしましょう

テレビを見ながら・家事をしながらでも簡単にできるので、毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

 

ベロ回し

①口を閉じたまま、ベロを歯茎の表面に這わせるように回します。

②左回しに10周・右回しに10周行いましょう。(一周は2秒を目安に)

出典:顔のたるみ改善エクササイズ!若返り効果も抜群の方法とは?

 

※最初は左右、各10周程度で慣れてきたら各20周~各50周を3セット行います。

簡単に思えるかもしれませんが、普段表情筋を使っていない人は結構しんどいですよ。

 

口周りのトレーニング

①上唇と下唇をしっかりと閉じて、押し合うようにします(10秒間)

②「お」の口にして唇を思いっきり前に出す(5秒間)

③少し口を開けた状態で、両唇を内側に巻き込むようにする(5秒)


※こちらの動画を参考に毎日続けましょう。

 

エステやクリニックでケアをする

顔のたるみを解消する方法として、エステやクリニックなどでプロの施術を受けるのも一つの手です。

自己ケアで解消しなかった方や、続かなかったといった場合は一度カウンセリングを受けてみましょう。

 

ほうれい線を目立たなくさせる治療法は、サーマクールヒアルロン酸注入

 

サーマクール

高周波を肌に照射することで、熱エネルギーが肌奥にまで届くので真皮層にあるコラーゲン線維を収縮させます。

その結果、たるみやシワが改善されほうれい線も目立たなくなるのです。

 

ヒアルロン酸注射

注射によって気になる部分にコラーゲンを注入し、皮膚のたるみを改善。

コラーゲンはもともと肌の中にある成分なので、アレルギー反応を起こしにくく安全性が高いとされています。

 

どちらもメスを使わずにできる施術なので、ダウンタイムもほとんど無く忙しい30代の方にピッタリの施術ではないでしょうか。

 

まとめ

  • 30代で徐々に目立ってくるほうれい線は、肌の乾燥と弾力が低下することによるもの
  • 真皮層にある線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンは30代を境に減少していくので、放っておくとほうれい線は濃くなる
  • 年齢が上がると肌老化の原因が分かりづらくなるので、早めの対処が大切
  • 合成界面活性剤が含まれている化粧品は、肌バリアを破壊するのでほうれい線が出来やすくなる
  • ケミカル断ちをすることで、肌本来の強さが取り戻せる
  • 毎日の表情筋トレーニングで、ほうれい線を徐々に目立たなくさせることが出来る
  • 自己ケアで解決しない場合は、プロにお任せしよう

 

ほうれい線は、年齢と共に減っていくコラーゲンやエラスチンが原因でたるみによって引き起こされるものですが、自己ケアでも改善の余地は十分にあります。

表情筋は普段の生活の中で意識して使うようにして、少しの合間に「表情筋トレーニング」を組み込んでいけば効果が現れてくるでしょう。

30代の今から始めて、いつまでも若々しさを保ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク