歯科矯正は子供のうちにするものと思われがちですが、実は大人になってから矯正する人も意外に多いです。

年齢を重ねていくうちに、ずっと気になっていた歯並びをきれいにしたいと思うのは自然なこと。

 

40代だと「今からじゃ遅いかな」「リスクがあるかもしれない」と踏み切れずにいるのではないでしょうか?

子供とは違って自分の意思で歯科矯正をすると決めたなら、40代から始める歯科矯正のデメリットやリスクを知っておくことが大切です。

若い頃よりも歯周病のリスクが高まるので、矯正後も自分の歯をしっかりと維持できるように、その対策についてもお話していきます。
 

スポンサーリンク

 

40代から歯列矯正をするデメリット

子供の頃から始める歯科矯正と違い、40代になって初めて治療を開始すると色々なデメリットが出てきます。

歯科矯正を始める前にどんなデメリットがあるのかを知っておかないと、後々大変なことになり「歯科矯正をしなければ良かった」と後悔してしまうことがあるかもしれません。

 

そうならないために、しっかりと40代から始める歯科矯正について理解しておきましょう。

 

歯周病の悪化

歯周病とは虫歯よりも怖い口の中の病気。

歯茎や歯根膜といった歯を支えている組織に起こる歯肉炎や歯周炎のことで、実に成人の80%が歯周病だと言われています。

歯を支える骨を後退させ、最悪は歯を失うことになるので気を付けなければいけません。

 

この歯周病、年齢が上がるに連れてかかるリスクが高くなり30~40代が一気に悪化しやすいです。

矯正治療は歯にかなりの力を加えて移動させるので、歯周病を放置したまま治療を始めると歯の周辺に負担がかかり、酷いと歯が抜けてしまうこともあります。

 

それよりも歯科矯正の前の診断で歯周病と診断された場合は、治療を受けさせてもらえないことも。

歯の矯正を考えているなら、まずは歯周病や虫歯が無いかチェックしましょう。

 

歯の移動が遅い

歯科矯正で歯を正しい位置に動かす原理とは一体どんなものなのでしょうか。

歯に付けられている矯正器具によって力が加わっている方向の骨が後退していき、反対側の骨が新しく形成されることにより歯が移動します。

出典:矯正京子

 

新しい骨を作るということは、歯の周辺の組織の新陳代謝が大きく関わってきます

個人差はあるでしょうが、年齢を重ねると段々と代謝は落ちてくるので骨の再生が遅く歯の移動に時間がかかるのです

だからこそ成長期の子供が歯科矯正をすると、新陳代謝が活発なので考えられないような歯の移動も可能になります。

 

歯茎が下がって見える可能性

歯科矯正をして歯並びがきれいになったのに、歯茎が下がって見えてしまうと心配になってしまいますよね。

40代というのは、矯正治療を始める前から加齢や歯周病によって歯茎が下がっている方が多いです。

そこで治療を行い歯を動かすことによって、さらに歯茎が下がる場合があるでしょう。

 

また、矯正後きれいに歯が並ぶと、歯と歯の間の根元にブラックトライアングルと呼ばれる三角形の隙間ができてしまいます。

出典:シグマ矯正歯科

これが歯茎が下がったことが原因で現れる症状です。

大人になってから矯正をするとブラックトライアングルができてしまうのは、ある程度は避けられないとされています
 

スポンサーリンク

 

40代からの矯正でのデメリットを防ぐ方法

今までお話したような40代から始める歯科矯正のデメリットは、自己ケアである程度は防ぐことが可能です。

せっかく矯正するなら失敗はしたくないし、治療後はできれば歯の心配をしたくないと思います。

 

40代の歯科矯正を成功させるコツと、きれいになった歯並びを持続するためにはどうすれば良いのかまとめていきましょう。

 

歯周病がある場合は先に治療

まず最も大切なのは、矯正を始める前に虫歯や歯周病がないか自分でチェックして気になる場合は早めの治療を行いましょう。

 

歯周病チェック

 

 

  • 朝起きると口の中がネバネバして気持悪い
  • 歯肉が赤く腫れている気がする
  • 歯磨きをすると力を入れていないのに歯茎から血が出る
  • 歯が長くなった気がする
  • 歯と歯の間に隙間が出来てきた

 

こういった症状が多く当てはまる方は、歯周病の可能性が高くなります。

 

まずは歯周病の治療から始めて、治癒した時点で矯正を開始するようにしてくださいね。

もちろん虫歯の治療も忘れずに!

 

矯正中はセルフケアを怠らない

大人の歯科矯正では、歯にブラケットと呼ばれる矯正器具を付けることが多いと思われます。

ブラケットを装着していると、歯磨きをしてもいつも通りにすると隅々まで行き届かないことがあり磨き残しがちです

これは40代に限らず矯正している方全てに当てはまりますが、歯磨きを怠ると虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます

 

矯正中はいつもよりも時間を掛けて磨き、食事の度にブラッシングをしましょう。

できれば3度の食事の後だけではなく、間食した後も磨く習慣を身に付けることがオススメ。

矯正器具と歯の隙間や、歯茎と歯の間(歯周ポケット)は忘れがちなので気をつけて磨きます。

 

矯正している間は虫歯と歯周病にならないように、1日3~4回、1回当たり30分程度を目安に歯磨きをしましょう。

 

元の歯並びに戻らないように保定を続ける

大人の矯正は子供の矯正よりも、矯正した後に歯が元の位置に戻ってしまう「後戻り」しやすいのが特徴です。

せっかく高いお金を払って治療したにも関わらず、後戻りしてしまうと苦労が水の泡になってしまいます。

 

元に戻らないようにするには、矯正器具を外してから2~3年の間リテーナーという保定装置を使って歯を動かないようするのがベスト

マウスピースのようなクリアリテーナーや、ワイヤーと一体型になったラップアラウンドリテーナーがあり、どちらも取り外し可能です。

 

できるだけリテーナーを装着し、きれいな歯並びを維持して40代からの歯科矯正を成功させましょう。

 

まとめ

 

・歯周病を悪化させないように矯正前に治療をする

・40代の矯正は歯が動くのが遅いので時間がかかる

・矯正後は歯茎が下がりブラックトライアングルが出来ることも

・矯正中は歯磨きを徹底して行う

・保定期間中はリテーナーを装着して歯並びを維持しよう

 

40代の歯科矯正では、歯周病のリスクや歯の移動時間が遅いなどデメリットが多いことが特徴です。

しかし、矯正をすることで歯並びに自信を持つことができるようになります。

今からでも遅くはありません!

歯科矯正に関する正しい知識を持って、治療を始めてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク