最近、鏡で自分の顔を見ると小じわが増えてきたなと感じることはないでしょうか?

もしかするとその小じわ、毛穴のたるみが原因かもしれません。

年齢を重ねるに連れて、肌の水分や弾力を失うことで肌だけでなく毛穴もたるんでしまうのです。

 

30代では毛穴のたるみだけだったのに、40代になり悪化すると「帯状毛穴」という状態に。

では、「帯状毛穴」は普段のお手入れで簡単に改善できるのか気になりますよね。

今のままでは肌の老化が進行する可能性があるので、早めに対処していつまでも若々しい肌を手に入れましょう。
 

スポンサーリンク

 

40代の毛穴は「帯状毛穴」が多い

30代頃から徐々に気になり出すのが、毛穴のたるみ

これは、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が開きっぱなしの状態になることと、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが加齢によって減少していくことが原因です。

コラーゲンやエラスチンは真皮で肌の弾力を支える働きをするので、減ることで肌表面もたるんでしまい毛穴の形が楕円形や涙型になります。

出典:酸化(肌サビ) のメカニズムと老化対策

 

この症状が悪化すると30代半ば~40代にかけて、たるんだ毛穴同士がくっついて見える「帯状毛穴になってしまうのです。

出典:美しい毛穴を手に入れよう!毛穴のお手入れと美しさを保つ秘訣

 

実はくっついているように見えますが、毛穴と毛穴の間にある線は小じわ

重力に逆らえずに毛穴が下に伸びてしまうことが原因なので、鼻やおでこといった固い場所よりも頬のような柔らかい箇所に多く見られます

これをケアしないで放っておくと、大きなシワになり兼ねないので早めの対処が必要です。

 

では、どのようなケアをすれば「帯状毛穴」を改善することができるのか詳しく見ていきましょう。

 

外側からの40代毛穴ケア

毛穴のケアは、外側と内側の両方からアプローチすると効果的

外側からケアする方法は、普段のお手入れを少し丁寧にするだけなので誰でも簡単にできます。

間違った方法でお手入れをしている方は、今日から正しいケアで帯状毛穴を予防・解消していきましょう。

 

洗顔で汚れをしっかり落とす

たるみ毛穴を作らないようにするには、毛穴を常に開きっぱなしにしないことです。

毛穴が引き締まっていれば、肌がたるんだとしても帯状毛穴にはなりません。

 

毛穴に詰まった皮脂や角栓をしっかりと洗顔で落とすことで、毛穴の開きを予防することができます。

汚れが毛穴に詰まっている状態が長く続くと、汚れを取り除いた後でも毛穴はすぐに閉じないので、毎日の洗顔がとても大切だと言えるでしょう。

 

洗顔でこすり過ぎない

洗顔で毛穴の汚れをしっかりと落とさなければいけないのは確かですが、肌の擦りすぎには注意が必要です。

 

【洗顔時の注意点】

  • 洗顔料を思いっきり泡立てる
  • 泡を顔に押しつけるように、くるくると円を描きながら洗う
  • 洗い流すときもバシャバシャと顔に当てず、手にすくったお湯を顔に浸けるようにしましょう
  • 洗顔後は、軽くタオルを顔に押しつけて水分を取る

 

洗顔時や洗顔後に水分を拭き取る際もゴシゴシと顔をこすると、肌が傷ついてしまいます。

物足りなく感じるかもしれませんが、出来るだけ肌に負担を掛けないように優しく洗顔しましょう

また、1日に何回も洗顔すると必要な皮脂までも落としてしまうので、肌は乾燥状態に。

朝と夜の1日2回を限度として洗顔するのがオススメです。

朝の洗顔・・・汚れは比較的少ないので、洗顔は使わずにぬるま湯で洗い流しましょう。

夜の洗顔・・・メイクや1日の汚れが付着しているため、しっかりと洗顔を泡立てて優しく洗います。

 

たっぷりと保湿する

肌は乾燥すると、それを守ろうと防衛反応が働き皮脂を余計に分泌させようとします

また水分量が減ってしまった肌は、なめらかさやふっくら感が無くなることで毛穴が余計に目立つといった悪循環に。

 

洗顔後は必ず保湿をするように心がけてください。

オススメは「セラミド」「イソフラボン」「ヒアルロン酸」などの保湿成分が含まれた化粧水。

 

セラミド

角質層にある細胞と細胞の間にある水分を抱え込んでいる成分。

肌のバリア機能を正常化する作用もあるので、肌が乾燥している方は積極的に使用しましょう。

 

【ayanasu(アヤナス)】

POLAとORBISから生まれた乾燥肌のための化粧品。

通常のセラミドよりも20分の1サイズと小さい「セラミドナノスフィア」配合で、肌の奥深くまで潤いを届けます。

ストレスによる肌荒れも解消。

 

初回限定 1,480円(10日間お試しセット)

 

出典:DECENCIA(ディセンシア)

 

化粧水や美容液で肌を潤した後はそのままにしているとせっかくの美容成分が蒸発してしまうので、必ずクリームや乳液で肌にフタをしてあげてくださいね。
 

スポンサーリンク

 

内側からの40代毛穴ケア

外側からの毛穴ケアだけでは、効果が出るまでに時間がかかります。

肌の新陳代謝を促すことと、食事からコラーゲンを体内に取り入れることで、内側からも「帯状毛穴」を撃退していきましょう。

 

疲れやストレスを溜め込まない

寝不足が続いたりや悩み事があると、肌が荒れるといったことはありませんか?

仕事や子育て・寝不足といった忙しい毎日が続くと、気がつかないうちにストレスが溜まっていくと思います。

そのストレスが原因で自律神経が乱れると血行が悪くなり、皮膚表面の温度が低下してしまうのです。

 

皮膚の温度が低下すると一体どんなことが起こるのでしょうか?

  • 肌のバリア機能の低下
  • 外部刺激を受けやすく炎症を起こす恐れがある
  • 炎症を起こすとコラーゲンを破壊する

 

コラーゲンの量が減っていってしまうと小じわやたるみが進行するので、ストレスは溜め込まず発散できるように心がけましょう。

また、寝不足は疲れやイライラのもと。

疲れを取るためにも6時間以上寝るのが望ましいので、忙しくてもしっかりと睡眠はとるようにしてくださいね。

 

ビタミンCが含まれる食材を摂る

さきほどお話したように、真皮層のコラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ「たるみ」や「小じわ」が増えてしまいます。

コラーゲンの分泌を高める効果があるのが、ビタミンC

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える作用もあり、毛穴を引き締めるためには無くてはならない成分なのです。

 

ほうれん草・赤パプリカ・ブロッコリーといった緑黄野菜の他、キウイやイチゴなどの果物にも多く含まれています。

 

また、直接コラーゲンを摂取するとコラーゲンの新陳代謝が活発になるのでオススメ。

 

動物性・・・手羽先・鶏の皮・軟骨・牛すじ

海洋性・・・スッポン・フカヒレ・魚の皮・クラゲ・うなぎ

 

少し偏った食材なので、毎日食事に取り入れるのは難しいですよね。

しかし、ビタミンCなら豊富な食材に含まれているので、積極的に摂取して毛穴のたるみ・帯状毛穴を解消していきましょう。

 

まとめ

 

・「帯状毛穴」は毛穴のたるみによって引き起こされる肌トラブル

・皮脂や角栓が詰まり、毛穴が開きっぱなしになっていることが原因

・しっかりと泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう

・洗顔後はセラミド入りの化粧水でお手入れ

・寝不足や疲れ、ストレスが原因で血行が悪くなる

・皮膚の温度低下→肌バリアの低下→炎症→コラーゲンを破壊→小じわやたるみ

・ビタミンCの多い食材でコラーゲンを増やそう

 

 

紹介したお手入れ方法は、どれも今すぐ始められるものばかりです。

「洗顔料はいつもよりも多めに泡立てる」「面倒でも優しく洗い流す」という様に、普段の洗顔よりも少し時間を掛けてみてください。

外側からも内側からもケアして、引き締まった毛穴を目指しましょう。

 

スポンサーリンク